林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
かつては家族で前泊して、..
by 牛津 at 18:11
そうですか、同期でしたか..
by sumus2013 at 20:05
なんだか縁でつながってま..
by 大島なえ at 19:31
渋沢敬三は渋沢栄一という..
by sumus2013 at 19:02
昔は四十歳の人がこうい..
by arz2bee at 17:37
まさにおっしゃる通りと思..
by sumus2013 at 19:39
斜め読みのつもりが、グイ..
by sumus2013 at 17:16
不遇なりに、すべきことを..
by 中嶋康博 at 17:13
林さん、いつもありがとう..
by おかざきたけし at 09:22
唐澤様はじめみなさまのお..
by sumus2013 at 13:58
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


観楓紀行10

f0307792_19562209.jpg

明治二十九年十一月二十二日。朝から烈しい雨。中桐絢海は雨を冒して石橋翁(石橋雲来)を訪ねて別れの挨拶をする。そこに先客として河内の人・氈受楽斎がいた。亀谷省軒の詩を受け取る。

《石橋翁云フ今日午後四時ヨリ安土町書籍商集会所ニ於テ書画会アリ青蘭女史ノ幹事ナレハ倘シ烈雨ニテ出船ノ延却スルコトモアレハ来遊セヨと予諾シテ辞去ス》

次いで緒方病院を訪ね、一緒に大阪まで同道した花川子(入院している)に別れを告げる。宿に帰ると久保墨仙が見送りに来ていた。墨仙は餞別に紅葉の図と瓢箪一個を贈ってくれる。

安治川町の船着場へ。午後二時三十分、高松直行の第二宇和島丸に乗船。満員だった。絢海が雨の中を急いで帰ろうとするのは、翌日、高松で中川愛山追善の書画展に出席するためだった。しかし午後四時頃、船長が悪天候のため明朝まで出船を見合わすと伝えた。

絢海は一旦宿に戻り、后岡真十郎らと松島の劇場で演劇を見物した。帰途、松嶋遊郭を散策して夜景を楽しんだ。

《近来広闊ナル遊里トナリ中道ニ櫻柳等ヲ移植シ紅葉ノ観ナシト雖モ両側ノ青樓錦繍綺羅ヲ列ス一巨樓アリ樓上ニ仮山ヲ築キ老樹鬱々トシテ碧落ニ聳出セリ加フルニ電燈輝々トシテ行人ヲ射ル樓ニ登ラントスルモ時間ノアラサレハ一段ノ恨ヲ遺シテ一首ヲ詠ス》

f0307792_20361179.jpg
『日本地理辞典』(郁文舎、明治三十九年)より


この夜は船中に一泊。二十三日、雨はようやく上がった。午前八時出発、神戸に着くころには風もおさまって日も暖かになった。一時間停船の後出航。淡路島に沿って進み、小豆島阪手沖を経て高松に帰着したのは午後六時頃だった。澱川樓へ駆けつけたところ、書画会は終わっていたが、まだ残客がいて大いにもてなしてくれた。その席を辞して双松園(絢海の高松の別宅か)へ帰り就寝。

翌日早朝より玉楮(たまかじ)雪堂(漆芸家)を訪問。さらに貴族院議員鈴木東洋邸を訪れて観楓の土産話をする。一番町の久保蘿谷を訪ねる。栗林公園の茶屋で二人で飲みながら、大阪で入手した琴石の画や省軒の詩を見せて盛り上がった。いい気分になっての帰り道、古馬場町の椎名南浦を訪問するも不在。双松園でまた一杯、午後十時頃蘿谷は去った。

二十五日。晴天。早朝より柏原病院を見学して朝食。表具師岡田清太郎が来たので琴石の画と省軒の詩を双幅に装することを依頼した。午前十時、東浜町の船宿で一酌して船を待つ。午後二時出船。帆船なので遅々として進まない。午後七時頃霜村湊に帰着。別業四時園に入って一酌して就寝。翌二十六日、本宅白雲黄葉居に帰り着き、子供等にお土産を渡し、つつがなく戻ったことを喜んで一杯やった。

f0307792_20465726.jpg

めでたし、めでたし。大阪から高速道路で高松まで四時間ほどの今日とは比べようもないのんびりした旅行記ではあった。それにしてもよく飲んでいる。それにも驚かされた。





[PR]
by sumus2013 | 2014-12-20 20:54 | うどん県あれこれ | Comments(0)
<< 扶桑書房古書目録 ル・アーヴルの波止場で >>