林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
個人的に思うのですが、第..
by sumus2013 at 16:32
「わずか数ポイント差の得..
by 牛津 at 15:55
ご来場有り難うございまし..
by sumus2013 at 21:55
久し振りにお会いできて嬉..
by 淀野隆 at 21:24
この聞き取りを残せてよか..
by sumus2013 at 08:10
いやあ、驚きました。肥後..
by 岡崎武志 at 22:53
無料ではなく、せめて五十..
by sumus2013 at 21:51
そうそう、思い出しました..
by 牛津 at 21:26
まったくその通りですね。..
by sumus2013 at 09:04
このような本が無料という..
by 牛津 at 21:13
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ル・アーヴルの波止場で

f0307792_20013929.jpg


松井邦雄『ル・アーヴルの波止場で 二十世紀歌謡・映画・ノスタルヒア・港町』(池内紀編、龜鳴屋、二〇一四年一〇月三一日、装画=井上陽子、装丁=一二明子、本文デザイン=龜鳴屋)が届いた。まずはそのカバーの渋さ、美しさに息をのむ。いきなり井上陽子のファンになった。

GalleyM2 YokoInoue Exhibition
http://www.craft-log.com/exhibition/index.php?page=all

まだ届いたばかりで内容云々はできないが、松井邦雄という人は一九三四年北海道生まれ、TBSに勤めながらエッセイストとしても活躍した。一九九三年歿。池内紀は「編者のことば」でこのように書いている。

《松井邦雄の一冊を編んだ。のこされた六冊をバラして、章立てを考え、あらためて置き直した。こころなしか父親の懐中時計を分解した昔と少し似ていた。ちらばった部品を前にして、いざ組み立てるとなると途方にくれた。
 夢のセールスマンのアタッシュケースのように、ここには不思議な魅惑がいっぱい詰まっている。どれも二十年以上も前、章によっては三十年あまり前に書かれたものなのに、少しも古びていないだろう。頁をくるごとに、特有の色と匂いをもった知的風景がつぎつぎとあらわれる。》

龜鳴屋主・勝井隆則の言葉にはこうあった。

《念願だった松井邦雄のエッセイ選集を出しました。
音楽に映画に船に文学にと、博学無辺の話柄、ノスタルジックで、どこか頽廃の香漂う絢爛美文の嘆き節に、昔、すっかり酔わされ、いまのいままで酔いを引きずってこしらえた一冊です。》

こういう読者を持った書き手は幸いなるかな! 内容についてはじっくり読んでからあらためて。

f0307792_20013714.jpg

松井邦雄、六冊の単行本は以下の通り。

 夢遊病者の円舞曲 作品社 1982
 悪夢のオルゴール 河出書房新社 1984 
 望郷のオペラ 六興出版 1987 
 豪華客船物語 六興出版 1990
 ビギン・ザ・ビギンの幕があがる 筑摩書房 1993
 ヨーロッパの港町のどこかで 講談社 1994


龜鳴屋

[PR]
by sumus2013 | 2014-12-19 20:33 | おすすめ本棚 | Comments(0)
<< 観楓紀行10 銀河鉄道 >>