林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
1992年の「林哲夫作品..
by H at 20:45
有り難うございます。25..
by sumus2013 at 19:13
早速のコメントありがとう..
by H at 09:42
そうなんですか、感慨無量..
by sumus2013 at 08:54
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2014年に買った本など

f0307792_20214306.jpg


まだ少し早いかもしれないが、今年手に入れて印象に残った古本と紙資料(新刊、受贈書、絵画などは除外しています)を列挙してみる。ちょっと珍しいブツもあるにはある。しかし、たいていは個人的な思い入れによって選び出した。ブログでは取り上げていないものも一応並べておいた。カポーティ『誕生日の子どもたち』は古書としてではなく読み物として楽しんだことによる。上の写真は小生の古本購入ノート(コラージュ表紙)。さいきんあまりマメに記録していないため、多少の抜けがあるかもしれないが、まあたいした違いはないでしょう。


◉ヤスオ国吉氏洋画展覧会
http://sumus2013.exblog.jp/21891192/
これは割り合いに珍しい資料だと思う。たしか「さんちか」の目録から。

◉誕生日の子どもたち
http://sumus2013.exblog.jp/22802042/

◉ファトラ Fatras
http://sumus2013.exblog.jp/22250567/
ネットで探せばすぐ手に入るだろうが、一度パリの古本屋で逃していたため、見つけたときには嬉しかった。サンシュルピスの古本市にて。

◉PANIC by TOPOR
http://sumus2013.exblog.jp/22572833/
同じくサンシュルピスの古本市で。値段を尋ねたところ「30ユーロ」だと言われ、よろこんで買い求めた。後で15ユーロと扉に値段が書かれているのを見つけてガックシ。でも気に入っている。

◉岩波文庫目録
http://sumus2013.exblog.jp/22490640/
これもそうざらにはないと思うが…。京都市内の某堂店頭均一にて。

◉福引題集
http://sumus2013.exblog.jp/21737398/
とにかく表紙に一目惚れ。京都市内の某洞店頭均一にて。

◉其中堂発売書目
http://sumus2013.exblog.jp/23362304/
尼崎にて。古本(コホン)資料として。

◉杉山平一葉書
http://sumus2013.exblog.jp/23409278/
月の輪書林古書目録十七より。いい葉書だなあ。

◉河合ダンス
http://sumus2013.exblog.jp/23256842/
京都市内の某洞店内均一箱にて。よくぞこんな片々たる紙切れを見つけたものだ、自分を褒めてやりたい。

◉LE LOCATAIRE CHIMERIQUE
パリ市内の古書店にて。市価よりかなり安く入手。小説家トポールの代表作。

◉中原中也詩集 創元社 1947
本そのものはまったく珍しくない。以前持っていて誰かに贈った。また買おうとは思っていたが、とくに必要なわけでもない。何の気の迷いかふとこの一冊を手に取った。指運(ゆびうん)というのだろうか。

◉真西遊記 幸田露伴 青木嵩山堂 1902
京都市内の某堂店頭均一にて。露伴を少し読んでみようかなと。青木嵩山堂だし。

◉DADA1 1917
みやこめっせの即売会場にて。どうしてこんなものがこんなところに紛れていたのか、それがまず謎である。


恒例のyfさんの「2014年極狭私的見聞録」も頂戴したので掲げておく。

f0307792_20510607.jpg


[PR]
by sumus2013 | 2014-12-13 20:58 | 古書日録 | Comments(2)
Commented by yf at 2014-12-15 16:42 x
 今日のSUMUS、小生の見聞録掲載ありがとうございました。
これは湯川さんが雑誌「みすず」のように本だけで無く
「季刊・湯川」にいろいろの見聞を掲載したいという言葉から始まったものです。彼は2年で「挫折」しかしこちらは
もう友人たちに送ったものですから「止められず」 中に母を亡くして「喪中」の年もこれを切らすに送ってと言う方もあり、続けてきたものです。もうこの方も「故人」となられました。
Commented by sumus2013 at 2014-12-15 19:29
色々な番付が昔からありますが、たしかに面白いものです。記録としても意味があるかもしれません。
<< アスタルテ書房情報 書を読んで羊を失う >>