林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
そうなんですよ! ビック..
by sumus2013 at 17:39
うわー、これがあのカッパ..
by 岩田和彦 at 11:29
うちのPCも古くなってき..
by sumus2013 at 13:22
「うまやはし日記」持って..
by 大島なえ at 12:36
15周年おめでとうござい..
by sumus2013 at 08:06
吉岡実の俳句、しみじみと..
by 小林一郎 at 22:58
百人百冊、千人千冊のお宝..
by sumus2013 at 07:49
夕方、店じまい寸前に参戦..
by 牛津 at 23:51
そうでしたか! クラシッ..
by sumus2013 at 08:12
有り難うございます。在、..
by sumus2013 at 20:18
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ぼくの青山光二

f0307792_19463836.jpg


『月の輪書林古書目録十七 宙ぶらりんがすきだ 特集・ぼくの青山光二』なんとか目録のところは目を通した。けっこう紙切れを貼ってしまったが、これを注文するというわけではない。注文できたらいいなと思うのである。

個人的に気になるタイトルをいくつか挙げてみると、まず世界文学社の柴野方彦関連書および書簡類は気になる。白崎禮三詩集』(富士正晴、一九七二年)が二冊も出品されている。銀座茶房きゅうぺる関連の資料がいくつか。昭和三十年代、きゅうぺるで開催された何かの会の芳名帖二冊(仏文関係の出席者が多数を占める)。月の輪書林古書目録一号から八号まで。小生、一号は誰か別の人からそのコピー(のコピー)をもらった記憶があるが、まだ在庫していたのか。全集未収録の織田作之助書簡(青山光二宛)。寺島珠雄の自筆書簡(高橋徹宛!)に『低人通信』(寺島珠雄個人通信)。他に青山は杉山平一さんに著書を送っていたらしく、杉山さんの礼状がかなりの数収録されている。葉書では野口冨士男も目につくが、保昌正夫先生のものもあった。珍しいところでは谷長茂(高桐書院の編集者だったこともあり淀野隆三と親しい人物)の葉書も。そうそう、洲之内徹関連もシブい並び。こうやってみると、本て安いよねえ…と思ってしまう。でもそうそうは買えないのが哀しい。

エピローグとして掲載されている昭和二十一年九月頃の織田作之助から青山へ宛てた手紙が素晴らしい。一部引用しておく。

 《君の(今までもそうだが)文学評の中には、文壇遊泳といっては語弊があるが、何かかうすると損だとか得だとか文壇戦術みたいなもの(東京の若い作家たちもそんなこと言ってるのだらうと思ふが)が多すぎるのではないかといふ気がするのだ。つまり、作品の制作面よりも企画面を大事にしてゐるのではないか。ぼくは田舎ものでそんなことわからず、昔から(戦時中はことに)それでいはば損をして来たやうだが、今も流行の左翼に便乗できないし、あらゆる会へはいらない男だし、損と判っても、平気でやる男だ。これはぼくの宿命で、且つまた東京を気にすることはするが、肚の底ではなめてゐるので、吉村正一郎にはこれがある。矢吹氏はまだ利口だ。ぼくは阿呆だから、せめて作品で勝負するだけだ。これはぼくの信念だから変わらない。
 ぼくはフランス語を勉強するよ。
 そして、日本人はたいてい、自分で考へるのは面倒くさいので、他人の頭を借りて考へるから、ぼくは自分の頭で考へる。資本論もよまない左翼もをかしいぢゃないか。それがウヨウヨゐる。

引用最後のところ、自分の頭で考えるなら資本論は読まなくていいという結論にならないところがミソであろう。織田作之助、もっと生きていて欲しかった。


月の輪書林
http://www.nanbu-kosho.com/15111.html




[PR]
by sumus2013 | 2014-11-30 20:39 | おすすめ本棚 | Comments(0)
<< サド歿後二百年 其中堂発売書目 >>