林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
それは惜しいことを。貴重..
by sumus2013 at 08:07
先日、宮崎翁にお会いした..
by kinji今村 at 22:15
よかったです!
by sumus2013 at 07:58
小生も一度お伺いしようと..
by sumus2013 at 08:00
街の草さんにはちょっとご..
by akaru at 22:48
そうでしたか、本当に早い..
by Iwata at 18:18
2008年に亡くなられて..
by sumus2013 at 14:51
水雀忌でしたか。 忘却..
by Iwata at 12:23
それは楽しみです!
by sumus2013 at 08:06
書評の中に書いてくださっ..
by kinji今村 at 08:05
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


居留守文庫ほか

f0307792_16521146.jpg


久方ぶりの大阪。文の里の居留守文庫を訪ねた。文の里は初めてのような気がする。古い民家がそこここに残っており(とは言っても徐々に取り壊される運命のようだが)、道路も真っすぐではない。地下鉄谷町線の文の里(ふみのさと)下車。ぶらぶら写真を撮りながら五六分。風呂屋(天明湯)の脇の路地を入るとご覧のように均一を熱心に物色している客がいたのですぐに分った。

f0307792_16521757.jpg

古書もまんべんなくジャンル横断で誰でも必ず買える本が見つかると思う。ふるほんロシナンテその他の人達の貸し棚がアクセントになっている。ざっと見た感じで堀江敏幸の単行本が目立ったのと、ちくま文庫がけっこう多かった。美術系ではひと枠すべてエルンストとという棚があったのが印象に残る。

イラストなどの作品展も随時行っている。現在は近藤正一紙版画作品展「墨譜」(〜二十四日まで)開催中。二階のカフェスペースに展示されていた女体シリーズが良かった。手作り絵本やオブジェなど創作的なものの販売も行われている。空間もゆったりしていて時間を忘れるのにはもってこいだと思った。昨年の四月オープンとのこと。

居留守文庫


文の里から谷町線を引き返して南森町下車。粟津謙太郎銅版画展へ。編集工房ノアの本でなじみ深い、がお会いしたのは一度だけ(『夜がらすの記』のところに少し書いた)。ギャラリー・びー玉。天神橋筋商店街を南森町から北上して最初の角を東へ。代々木アニメーションの隣のビルの二階。今回は糸杉がテーマだそうで、実際いろいろなヴァリエーションが並んでいた。ひとつ欲しくなった。今直ぐ装幀に使えそうだと画廊主の方と意見を同じくする。

さらに天神橋六丁目まで谷町線に乗る。いとへんギャラリーで開催中の牧野伊三夫展「ヤブクグリ」へ。途中、小さな古本屋を発見。屋号はないのか、古本としか書いていない。北区本庄東一丁目と二丁目の境になっている道路の南側(一丁目側)。


f0307792_16522592.jpg



いとへんギャラリーも久しぶり。武藤良子さんの展覧会以来だと思う。


f0307792_16521995.jpg

牧野伊三夫展「ヤブクグリ」


半具象的なモノクロ木版画も良かったが、ほとんど抽象表現主義と言っていい作品がいずれも暖かみのある渋さで際立っていた。これもひとつ欲しくなった。いとへんで現場制作したという大作が正面に。これは市販の絵具ではなくアリゾナの砂だとかオーストラリアの木炭などで描かれたそうだ。まさにアースカラー、自然の風合いを備えた色調が何とも言えない。刷師木村希八氏の死を悼むエッセイが画廊の壁面に落書きのように書かれていた。即興の技なのだろうが、いい文章だと思った。




[PR]
by sumus2013 | 2014-11-19 16:55 | もよおしいろいろ | Comments(0)
<< 常華 中学工作1 >>