林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
今後の刊行も大いに期待し..
by sumus2013 at 20:46
林様 ご紹介いただき、有..
by manrayist at 19:58
imamuraさま、何か..
by sumus2013 at 12:10
charaさま、なんと、..
by sumus2013 at 12:02
そのようなつながりがお有..
by k.imamura at 23:12
直違橋を〈すじかいばし〉..
by chara050505 at 18:05
そうなんですよ! ビック..
by sumus2013 at 17:39
うわー、これがあのカッパ..
by 岩田和彦 at 11:29
うちのPCも古くなってき..
by sumus2013 at 13:22
「うまやはし日記」持って..
by 大島なえ at 12:36
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


舟を編む

f0307792_20344387.jpg


三浦しをん『舟を編む』(光文社、二〇一二年四月三〇日十四刷)を読了。久しぶりに立ち寄ったブックオフが半額セールをやっていた。映画「舟を編む」(石井裕也、二〇一三年公開)を観て以来、一〇五円棚にないかと探していたが、いまだ見当たらず、定価のほぼ半額のさらに半額で妥協した。映画とだいたい同じ内容だが、本の方ではバイプレーヤーからの視点が中心になっている。型通り上手に書けたエンタテインメントである。辞書製作の現場を舞台にしたことで新味が出た。

神田辺りに出版社(玄武書房)があるという設定なので当然神保町の古書街も少しだけ登場する。本書の主人公である辞書『大渡海』を監修している老人、松本先生の行動パターン。

《重そうな黒い鞄を抱え、松本先生が尋ねてきた。鞄には古本がたくさん詰まっている。玄武書房に来るついでに、先生は必ず神保町の古書店街を歩き、新旧さまざまな小説の初版本を自費で購入する。文学を味わうためではなく、辞書の用例として使えそうな文章を探すためだ。辞書では、ある言葉がはじめて文献に登場したのはいつなのか、を重視する。その癖がついているので、先生は小説に関しても初版本を集めてしまうのだった。》

初版本より初出雑誌を集めるのではないか、と思わないでもないが、たしかに初版本はひとつの目安にはなるのかもしれない。この文学書から用例を拾うというくだりを読んで思い出したのは、ジャン・コクトー『ポトマック』。

《文学上の傑作とは、つまりはばらばらになった辞書にほかならないんだ。》(澁澤龍彦訳)

ニワトリと卵はどちらが先か……てなことになりそうだが、コクトーらしい警句と思う。

『舟を編む』の両サイドにあるのは小生が机辺に置いて愛用している辞書類。小さいのが好み。『新字源』は収録字数も程よくいろいろな意味でよくまとまった漢和辞典だ。茶色いのがこのブログでも時折引用する縮刷『言海』(明治三十七年第二版)、左端が『THE OXFORD ENGLISH-READER'S DICTIONARY』(丸善、一九六七年十六刷)。ポケット版のため語釈がきわめて簡潔、それがいい。フランス語は山田稔さんらの『クラウン仏和辞典』。もっと深いことや俗語表現はネット上の辞書が便利なので大きな辞書を備えなくても何とかなる。ある人が言っていたが、ウィキの誤謬・誤植率はブリタニカ大百科事典よりも低いそうだ(だってすぐ訂正できるものね)。

『言海』の「本書編纂の大意」、最後の部分。『大渡海』は初版刊行まで十三年かかったという設定だが『言海』は九年十月のようだ。この次の頁に続けて《潤色ノ功ヲ積ミ、第二版、三版、四五版ニモ至リテ始メテ完備セシムト云フ、此書ノ如キモ亦然リ、唯、重修ヲ期セムノミ》と書かれている。『舟を編む』も完成祝賀パーティの翌日から改訂作業を始めるぞ、というところで終わっている


f0307792_21055497.jpg



『言海』における「字引」の語釈。


f0307792_21055955.jpg


ついでにオックスフォード豆辞典で「dictionary」はこうなっている。

f0307792_21060230.jpg
f0307792_21060471.jpg



[PR]
by sumus2013 | 2014-11-16 21:20 | 古書日録 | Comments(0)
<< 路地の奥の小さな宇宙 風が起る! >>