林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
今後の刊行も大いに期待し..
by sumus2013 at 20:46
林様 ご紹介いただき、有..
by manrayist at 19:58
imamuraさま、何か..
by sumus2013 at 12:10
charaさま、なんと、..
by sumus2013 at 12:02
そのようなつながりがお有..
by k.imamura at 23:12
直違橋を〈すじかいばし〉..
by chara050505 at 18:05
そうなんですよ! ビック..
by sumus2013 at 17:39
うわー、これがあのカッパ..
by 岩田和彦 at 11:29
うちのPCも古くなってき..
by sumus2013 at 13:22
「うまやはし日記」持って..
by 大島なえ at 12:36
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


映画ちらし

『BOOK5』の名画座特集に刺戟された、というわけでもないが、たまたま郷里の倉庫整理で一九八〇年代の初めに京都で収集した映画チラシが少し出て来たので、何かの参考に掲げておく。今ならミニシアターというのだろうか、ちょっとマニアックな映画をやっていた小屋(?)ばかりである。むろんこれらを全部見たというわけではない。

日本イタリア京都会館。ここで映画を観た記憶はあるのだが、それが何だったか忘れてしまった。これらのちらしを見ても思い出せない。

f0307792_17590478.jpg

f0307792_18000471.jpg

f0307792_18001284.jpg

f0307792_18001993.jpg

f0307792_18002734.jpg

f0307792_18003477.jpg


京都ドイツ文化センター。ここではギュンター・グラスの版画展を見たことをよく覚えている。映画はやはり記憶にない。

f0307792_18004458.jpg
f0307792_19395451.jpg

f0307792_19400699.jpg


堺町画廊。一九八二年に開廊した当時からしばらくよく通っていた。町家を改造した画廊というのは、当時ではまだ珍しい存在だったと思う。生田耕作展もあった。エチオピアの王族(?)という人の絵画展も見た。ただし映画会の記憶はどうも消えてしまっている。

f0307792_19401734.jpg

f0307792_19411313.jpg




京都会館別館ホール(左京区岡崎公園)

f0307792_19414773.jpg


f0307792_19422631.jpg


f0307792_19423382.jpg


京都府南労働セツルメント/京都市部落解放センター

f0307792_19433030.jpg



京都府立労働会館

f0307792_19451470.jpg



社会教育総合センター

f0307792_19444086.jpg



大阪の中之島SABホールのちらしもまじっていた。

f0307792_19424277.jpg
f0307792_19431986.jpg


参考までに『BOOK5』では樽本周馬氏が「京都名画座の思い出」というエッセイを書いておられ、一九八八年頃に樽本氏が通った映画館として祇園会館、京都ルネッサンホール(京都駅前)、スペース・ベンゲット(四条大宮)、京都みなみ会館を挙げておられる。















[PR]
by sumus2013 | 2014-11-07 18:00 | 古書日録 | Comments(0)
<< 古文書拝見 唯一者 No.13 >>