林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
それは惜しいことを。貴重..
by sumus2013 at 08:07
先日、宮崎翁にお会いした..
by kinji今村 at 22:15
よかったです!
by sumus2013 at 07:58
小生も一度お伺いしようと..
by sumus2013 at 08:00
街の草さんにはちょっとご..
by akaru at 22:48
そうでしたか、本当に早い..
by Iwata at 18:18
2008年に亡くなられて..
by sumus2013 at 14:51
水雀忌でしたか。 忘却..
by Iwata at 12:23
それは楽しみです!
by sumus2013 at 08:06
書評の中に書いてくださっ..
by kinji今村 at 08:05
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


拝受多謝

f0307792_21144909.jpg

『2014 とっとり詩集』第六集(鳥取県現代詩人協会、二〇一四年一〇月一五日)。編集後記にあたる「無用のことを為さんずば」で手皮小四郎氏はこんなエピソードを書いておられる。

《昭和21年12月創刊の『日本海詩人』というのがあるが、どうやらこれが本県の戦後第1号の詩誌のようだった。因みに頒価は3円50銭。
 『日本海詩人』は終刊の昭和27年10月までの6年間に27冊(通巻は31号)発行されているが、その8割は謄写版だった。それもどうやら清水亮という一詩人が、役所務めの傍ら睡眠時間を削って、ガリを切り続けたらしいと判った。
 できるものなら活版にしたい・・それは全同人の強い願いだったが、費用や当時の紙不足の背景もあって謄写版が続いたようだ。「活字になったといって、作品の質が重くなることにはならない。私は鉄筆との闘いを捨てない」6号の後記に清水はそう書いた。》

***

『亀井武彦の玄亀ANIMA展』(O美術館、二〇一四年一〇月一八日)。
http://www.shinagawa-culture.or.jp/hp/menu000000300/hpg000000211.htm

亀井氏の作品は初めて拝見した。長らく外国で活躍されておられたそうだ。それが納得できるユニーク作品が並んでいる。だが、いちばん驚いたのはウォーホルとのツーショット(一九八三年、ニューヨーク)。

***

『木山捷平 文学の故郷 生誕110周年』(二〇一四年)を頂戴した。年譜が巻頭に置かれているが、そこでは木山が何年何月何日には何をしたという風に綴られていて、たいへん分りやすい。1968年8月23日死去、64歳……若かったんだ。

木山捷平資料集
http://sumus2013.exblog.jp/21458790/

***

『福島自由人』第29号(北斗の会、二〇一四年一一月一日)。菅野俊之さんより。菅野さんは「宮沢賢治と音楽についてのエチュード」を執筆しておられる。賢治が作詞作曲した歌は八曲、作詞だけの歌およびいわゆる替え歌は計十九曲あるそうだ。賢治の音楽好きはともかく彼の掌編「手紙 四」を引用しつつ次のように書かれているのにはなるほどなあと思った。

賢治にとって最愛の女性が妹のトシであったことは言を俟たない。二人の関係はインモラルな危うさを孕みつつも、妹のままの聖女として彼女は早世してしまった。賢治詩の傑作の森はトシ(詩の中ではとし子)を哀惜追慕する詩篇群に集中している。

***

f0307792_21533804.jpg


『BOOK5』14号(トマソン社二〇一四年一一月八日)。特集は「名画座で、楽しむ。名画座を、愉しむ。」。名画座……主に旧作映画を主体に上映する映画館の総称(ウィキ)。個人的には映画館で映画を見た方ではないが、それでもあれこれ思い浮かんでくる。『BOOK5』らしい楽しくもなつかしい企画だ。連載、とくに古書赤いドリル氏の文章は心配になるほど面白い。古書いとうさんが七月に亡くなったことを知る。



[PR]
by sumus2013 | 2014-11-06 22:07 | おすすめ本棚 | Comments(0)
<< 唯一者 No.13 詩誌「新年」への想い >>