林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
個人的に思うのですが、第..
by sumus2013 at 16:32
「わずか数ポイント差の得..
by 牛津 at 15:55
ご来場有り難うございまし..
by sumus2013 at 21:55
久し振りにお会いできて嬉..
by 淀野隆 at 21:24
この聞き取りを残せてよか..
by sumus2013 at 08:10
いやあ、驚きました。肥後..
by 岡崎武志 at 22:53
無料ではなく、せめて五十..
by sumus2013 at 21:51
そうそう、思い出しました..
by 牛津 at 21:26
まったくその通りですね。..
by sumus2013 at 09:04
このような本が無料という..
by 牛津 at 21:13
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


三條白川橋上る

f0307792_19505833.jpg


石原輝雄編『マン・レイと京都の人たち 三條白川橋上る』(銀紙書房、二〇一四年一〇月一六日)を頂戴した。小生にとっては今年前半のハイライトにも思える展示でありトークショーであった。本書にはトークショーの内容が詳しく記録されている。トークのときには舌足らずだったと反省するところも大いにあったのだが、これは文章にする段階でかなり手をいれたもので明治から昭和初期にかけての京都詩壇のあり方についてひとつの考えをあるていど分りやすく示せたと思っている(たいした考えではないのですが)。

新刊案内『三條白川橋上る』

《 今年の5月に、京都・岡崎のギャラリー16を会場にして、わたしの所蔵品を基にした展覧会『光の時代; レイヨグラフを中心としたマン・レイと三條廣道辺り』を開催(4/29-5/10)させて頂いた。日本におけるマン・レイ受容史の新発見となった俵青茅と天野隆一の詩業を紹介した前著『三條廣道辺り』(銀紙書房、2011年刊)から3年、本の中で言及した現物(詩集、雑誌、案内状、ポスター、オリジナル作品)を、俵と天野が歩いたであろう京都・岡崎の地で、多くの方々に観て頂いた(深謝)。

 展覧会の会期中に、京都の詩人に詳しい画家の林哲夫さんをお招きしてギャラリートークを行ったのだが、その席で「今日の対談は、本にするつもりです。」と予告した。---個人コレクションの展示は、企画の趣旨と展示準備の様子、会期中の出会いなどを客観的な書物の形などにして残せば、後世の人々の役に立つ、コレクションも一つの表現であると、わたしは強く思っている。》

f0307792_19510185.jpg

それにしても、蒐集はもちろんだが、この展示と記録に対する情熱は明らかに創作行為に匹敵するものであろう。すべての段階においてオリジナリティを発揮しておられる石原氏には脱帽するほかない。


[PR]
by sumus2013 | 2014-11-02 20:17 | おすすめ本棚 | Comments(0)
<< 百万遍最終日 富士正晴絵葉書 >>