林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
 終わり頃に伺えるチャン..
by arz2bee at 23:42
女子美人脈、歴史が長いだ..
by sumus2013 at 17:28
大橋鎭子さんの母親、久子..
by 唐澤平吉 at 15:09
お嬢さんも独立されたです..
by sumus2013 at 19:41
かつては家族で前泊して、..
by 牛津 at 18:11
そうですか、同期でしたか..
by sumus2013 at 20:05
なんだか縁でつながってま..
by 大島なえ at 19:31
渋沢敬三は渋沢栄一という..
by sumus2013 at 19:02
昔は四十歳の人がこうい..
by arz2bee at 17:37
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


小説検定

f0307792_19345058.jpg


南陀楼綾繁『小説検定』(新潮文庫、二〇一四年一一月一日、カバー装画=はと)が届いた。新潮文庫! 創刊100年のあの新潮文庫だ。ある人から新潮文庫が最近まったくふるわないという話を聞いたが、いやいやどうしてこんな本を出してくれるのだから頑張っていると言っていいのじゃないかな?

五年ほど前、『古本検定』(岡崎武志編、朝日新聞出版、二〇〇九年)という本が出たことがあった。小生も少し協力したが、この本は残念ながらあまり話題にならなかった。たぶんマニアック過ぎたのであろう。しかしこの『小説検定』は違う。巻頭カラー口絵の問題がこのくらいのレベルでしかも二択なのである。

・主人公が書店の本の上にレモンを放置する場面のある短篇の作者は?

 A 川端康成
 B 梶井基次郎

・河童の絵を自画像として好んで描いた芥川龍之介が、人生の最後にとった行動は?

 A 自殺
 B 失踪

・このスポーツに打ち込む青春を描いた小説は?
 (テニスボールがネットにからんだ写真)

 A 東野圭吾『放課後』
 B 宮本輝『青が散る』

他五問。

これなら大丈夫。やっぱりクイズは解けないと面白くない。ただし、だんだん読み進めて行くとなかなか奥深き世界であることが分る。食べ物、動物、青春、旅、恋愛、お金と仕事、家族、音楽というジャンル別の出題(それぞれ初級・中級・上級あり)そしてそれぞれにまつわるコラムが南陀楼氏らしくていい。これからの時期にピッタリの一冊だ。

せっかくだから手許にあった100年前の新潮文庫を掲げてみる。ダ井ン著・大杉栄訳『種の起原 一』(新潮文庫第七編、一九一四年一〇月一六日)。表紙、見返し、扉、刊行の趣旨、奥付、新潮文庫目次。

f0307792_20021750.jpg

f0307792_20041780.jpg
f0307792_20045185.jpg

f0307792_20051449.jpg

f0307792_20052802.jpg

f0307792_20053932.jpg

f0307792_20054161.jpg

現行の新潮文庫はタテ151ミリ、ヨコ106ミリだが、100年前は地券表紙(セミハードカバー)で138ミリの96ミリと一回り小振りなサイズである。









[PR]
by sumus2013 | 2014-10-31 20:11 | おすすめ本棚 | Comments(0)
<< 富士さんについて、いま思うこと 路地裏に綴るこえ >>