林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
 終わり頃に伺えるチャン..
by arz2bee at 23:42
女子美人脈、歴史が長いだ..
by sumus2013 at 17:28
大橋鎭子さんの母親、久子..
by 唐澤平吉 at 15:09
お嬢さんも独立されたです..
by sumus2013 at 19:41
かつては家族で前泊して、..
by 牛津 at 18:11
そうですか、同期でしたか..
by sumus2013 at 20:05
なんだか縁でつながってま..
by 大島なえ at 19:31
渋沢敬三は渋沢栄一という..
by sumus2013 at 19:02
昔は四十歳の人がこうい..
by arz2bee at 17:37
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


観楓紀行7

f0307792_19223943.jpg


明治二十九年十一月十九日。石橋雲来を訪問して昨日の箕面行きのことなどを報告。そこへ森琴石が来合わせた。名前は知っていたが初対面だった。琴石はしきりに寒霞渓のことを話題にしてぜひ遊びに行きたいと言った。中桐絢海はここで琴石に紅葉の一枝を描いてくれるように依頼したところ二日後に届けてくれた。

さらに門を叩く者があった。それは五十川訊堂翁だった。八九年前に絢海の自宅に泊まったことがあった人物で再会を喜ぶ。

五十川 訊堂 いかがわ じんどう 天保6年(1835)~明治35年(1902)
福山の人で、名は淵、字は士深、通称は卓介・左武郎、号は初め勤齋のち訊堂と称した。藩医五十川義集の次男。(中略)大阪府尋常師範学校と改称され教授に任じられ、大阪に16年勤続した。
 明治30年(1897)7月9日、依願免職して帰郷し、明治31年(1898)3月から明治35年(1902)2月19日の病没まで、福山誠之館で嘱託講師として漢文・修身を教えた。彼は資性温厚、文・書ともに当地方に及ぶ者なしといわれた。》(好古斎「五十川訊堂」

午前十時、大阪府立博物場に行く。前月二十日より美術館で紅葉にちなむ書画珍器を陳列しているというので楽しみにして来た。虚白、英一蝶、宗達、文鱗、光起、山口素絢、米山人などに言及している。そして大雅、竹石、梅逸、椿山、春琴などにも紅葉の絵があるのにどうして展示されていないのか、残念だという感想。

南本町の紅花堂へ車を飛ばして書画帖を買い求める。心斎橋の嵩山堂で書籍を若干購入。正午近く宿に戻って食事をとった。

食後、片町停車場へ。四条畷行きの汽車に乗って畷神社を詣でる。この年に建立された「征清紀念碑」を見る。午後四時、片町に戻る。淀川畔を散歩。浪華橋を渡り中洲公園の晩景を賞す。旅宿に帰ると留守中に緒方拙斎の来訪があったことを知る。

緒方拙斎 おがた-せっさい
1834-1911 幕末-明治時代の医師。
天保(てんぽう)5年2月16日生まれ。漢学を広瀬淡窓に,蘭学を青木周弼(しゅうすけ),緒方洪庵にまなぶ。のち洪庵の養子となり適々斎塾をつぐ。緒方惟準(これよし)らと明治20年緒方病院,22年大阪慈恵病院を設立した。明治44年12月15日死去。78歳。豊前(ぶぜん)小倉(福岡県)出身。本姓は西。名は羽。字(あざな)は子義。別号に南湫,孤松軒。

五十川翁に遊びに来いと言われていたが、宿の主人南岬とともに明日の京都行きの用意をし、対酌してほろ酔いになったところで就寝した。

***

都合により十日ほどブログを休みます。



[PR]
by sumus2013 | 2014-10-18 20:09 | うどん県あれこれ | Comments(0)
<< 「生田耕作先生を偲ぶ夕べ」於・... どなたでしょう? >>