林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
個人的に思うのですが、第..
by sumus2013 at 16:32
「わずか数ポイント差の得..
by 牛津 at 15:55
ご来場有り難うございまし..
by sumus2013 at 21:55
久し振りにお会いできて嬉..
by 淀野隆 at 21:24
この聞き取りを残せてよか..
by sumus2013 at 08:10
いやあ、驚きました。肥後..
by 岡崎武志 at 22:53
無料ではなく、せめて五十..
by sumus2013 at 21:51
そうそう、思い出しました..
by 牛津 at 21:26
まったくその通りですね。..
by sumus2013 at 09:04
このような本が無料という..
by 牛津 at 21:13
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


観楓紀行6

f0307792_19155719.jpg


明治二十九年十一月十八日。いよいよ中桐絢海は箕面へ観楓に出かける。午前九時、腕車(人力車)二輪を貸し切って久保墨仙とともに出発。野中村を過ぎ中津川、神崎川を渡り、岡町の茶店で小休した。午前十一時頃、箕面山の麓に到着。大阪より五里余りの路程である。

そこから山を登り始める。紅葉楼で車を降りて楼に上がる。

《楼前ニ巨大ナル老楓ノ今ヲ盛リニ霜酔スルアリ楼後ハ層巒ヲ擁シ夥多ノ紅葉燦爛トシテ霜錦ヲ晒ス楼上人顔宴具相映シテ腥血ニ染ルカ如シ》

ここで昼飯をとり、酒を飲んだ。しかし観光地にありがちのマズくて高い店だった。

《会席料理ナリト云フナレドモ田舎風ニシテ器具亦粗笨箸ヲ下スヘキモノナシ然カモ値頗ル不廉ナリ》

本地蔵堂で如意輪観音を拝観し、瀧安寺へ。弁天社から山道を登って紅葉の艶麗を眺めた。しかし谷風が吹き下ろして肌を刺すようだった。

 風樹経霜葉欲零
 瀑声淅瀝隔雲聴
 渓中日午山嵐冷
 奈此吟人酒易醒

さらに登って滝に到る。その奥の勝尾寺へ行くのは断念する。滝の前に料理屋が幾つかあるが、観光客がひしめいている姿は見苦しい。墨仙と岩に腰掛けてひょうたんの酒を飲んだ。あんな料亭でボラれて馬鹿をみたなあ、ここで弁当でも食べた方がよっぽど良かった、と思っても後悔先に立たず。

f0307792_21324927.jpg
『日本地理辞典』(郁文舎、明治三十九年)より


そこから引き返すと風景写真を売っている店があったが、見るに堪えない。「羽衣」という紅葉の天ぷらを買ってみた。これはうまい。そのそばに唐人石というものがあった。黒っぽい大きな石が斜めに転がっている。寒霞渓の画帖石に似て非なるものだ。紅葉楼の前で紅葉の枝を売っている老婆がいたのでいくつか買い求め帰路についた。

《大阪ニ帰リシハ午後七時ニシテ寒威甚シ直チニ浴ニ投シ「ビール」ヲ煖メテ飲ム》

ビールを温めて飲む……そう言えばホットコーラという飲み物もあった……。日柳三舟から今晩パーティやるから参加しろという手紙が届いていたが、さすがに疲労困憊のため駆けつけられず。墨仙と対酌してそのまま寝てしまった。

つづく




[PR]
by sumus2013 | 2014-10-06 19:26 | うどん県あれこれ | Comments(0)
<< 最新大日本地理集成 ぽかん別冊 女ともだち >>