林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
1992年の「林哲夫作品..
by H at 20:45
有り難うございます。25..
by sumus2013 at 19:13
早速のコメントありがとう..
by H at 09:42
そうなんですか、感慨無量..
by sumus2013 at 08:54
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ぽかん別冊 女ともだち

f0307792_20113031.jpg

思いもかけず『ぽかん別冊 女ともだち』(ぽかん編集室、二〇一四年九月一四日)が届いた。封筒を開いて、あまりにゴーカなのでちょっと驚いた。真治さんの編集後記によれば、湯河原へ向かう車中で向いに座っていた少女に《夏の白い光がかんむりのように降りそそいでいた。そのとき、ささやかな冊子をつくろうと、そう思った》という。が、ご覧のようにささやかとはほど遠いできばえだ。

f0307792_20112832.jpg
蛇腹の折帖本になっている。しかも手製本。

《今回、レイアウトを組んで、簡単な製本もひとりでやってみた。(正確に言うと、これを書いている時点では製本はまだやっていない。はたしてうまくいくだろうか。)やっぱり難しくて、うまくいかない部分もあった。ただ、軽やかな気持ちでつくることはできたんじゃないかなと、思う。》

執筆者は詩の片山令子、エッセイは佐藤和美、中野もえぎ、真治彩、渡辺尚子、福田和美、郷田貴子。みなさん、うまい。読ませる。それにしても、真治さんの雑誌作りには毎度意表をつかれる。最初に引用したようなヒラメキが彼女のなかで火花を散らしているのだろうね、きっと。

f0307792_20112659.jpg

定価八〇〇円と書いてあるので販売していると思います。

ぽかん編集室
http://pokan00.blogspot.jp


[PR]
by sumus2013 | 2014-10-05 20:19 | おすすめ本棚 | Comments(0)
<< 観楓紀行6 colombo cornershop >>