林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
それは惜しいことを。貴重..
by sumus2013 at 08:07
先日、宮崎翁にお会いした..
by kinji今村 at 22:15
よかったです!
by sumus2013 at 07:58
小生も一度お伺いしようと..
by sumus2013 at 08:00
街の草さんにはちょっとご..
by akaru at 22:48
そうでしたか、本当に早い..
by Iwata at 18:18
2008年に亡くなられて..
by sumus2013 at 14:51
水雀忌でしたか。 忘却..
by Iwata at 12:23
それは楽しみです!
by sumus2013 at 08:06
書評の中に書いてくださっ..
by kinji今村 at 08:05
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


マルドロオルの歌

f0307792_19363170.jpg

有本芳水と青柳瑞穂のつながりが書かれているかもしれないと思って青柳いづみこ『青柳瑞穂の生涯』(平凡社ライブラリー、二〇〇六年一一月一三日)を繙いてみた。有本は明治十九年(一八八六)生まれ。

早稲田大学を卒業後、実業之日本社に入り、「日本少年」主筆として活躍した。1905年車前草社に入り、若山牧水、正富汪洋らと作歌。薄田泣菫、与謝野鉄幹、晶子らの先進を敬慕しつつ、「日本少年」に毎号発表した少年詩は少年の読者に愛誦され、文学者に多くの影響を与えた。》(ウィキ)

大正初期の児童雑誌として大きな影響力をもっていた「少年世界」、「日本少年」、「少年」などに、厳谷小波の新作お伽話や有本芳水の少年詩が発表され、子どもたちに好評を博していたという事実(『横谷輝児童文学論集1

ということだから明治三十二年(一八九九)生まれの青柳はすでに中学生だった頃ではないだろうか。青柳が芳水ファンだったと考えるには年齢的に少しズレている気がしないではない。『青柳瑞穂の生涯』には少年時代の読書についての言及は全くなく、骨董好きの萌芽が見られるエピソードが中心だ。

《大正六年(一九一七)に県立甲府中学校を卒業した瑞穂は、高等学校には進学せず、初恋を経験したり、詩作のまねごとをしたり、暁星中学校発行の文法書でフランス語を独習したりしていた。》(『青柳瑞穂の生涯』)

この後、慶応義塾大学の仏文に入学し永井荷風の指導を受ける。卒業後には堀口大学の門に入り、創作も発表したが、やがて翻訳に専念するようになる。青柳の翻訳単行本としては三冊目になるのがロートレアモン『マルドロオルの歌』(椎の木社、一九三三年一月一日)だ。下の写真は六年ほど前に思い切って買ったもの。状態が悪い(カバーもない)のでそう高くはなかったけれど、安くもなかった。

f0307792_19363057.jpg


f0307792_19362978.jpg


f0307792_19362736.jpg


f0307792_19362503.jpg


青柳は全部で五十九章あるテクストから六章を選んで訳している。昭和二十二年に青磁社から、二十七年に木馬社(版画=駒井哲郎)から同じく『マルドロオルの歌』を刊行しているが、最終的には十二篇を翻訳して発表した。

《五十九章に対して、わずか十二章しか訳し得なかったのは、原文が難渋で、日本語に移りがたいものが大部分を占めているに由る。しぜん、平易なものを選んで訳したことになるが、この十二篇は全巻中でも著名のものであったのは、偶然ながら、よろこばしい。》(青柳瑞穂「ロオトレアモンに関する断想」講談社文芸文庫版『マルドロオルの歌』より

同じ断想でこうも述べている。

《かつて長いあいだ人々は「私の心は小鳥のようである。」と、類似による比較をよろこんだ。》《併しこれはあくまで比喩であるが、これを省略し、極限にまでもついていって、「この小鳥は……」として、一つの言葉で一つのイメージを表現しようとする。これがロオトレアモンの筆法である。》

単に「小鳥」という言葉が出てくるというだけなのだが、有本色紙が連想されてギョッとする。

小とりよ小鳥
http://sumus2013.exblog.jp/22957858

そしてまた『マルドロオルの歌』にも小鳥の逸話がある。椎の木社版には見えないが、戦後版では訳出している。「溲瓶の王冠」というタイトルになっている。原典にはタイトルはない。第六の歌の第五章。パレ・ロワイヤルの中庭で狂人に出会ってその物語をつむぎだす。

《おれが一羽のカナリヤを買ったのは、三人の妹のためだつたのである。彼女たちは、それを軒の鳥籠に入れた。通行人たちは、毎度、立ち止つては、小鳥の歌に聞き入り、そのはかない美しさを褒め、その利口さうな姿を観察しようとした。一度以上、親父は、鳥籠とその内容を何処かへ遣つてしまふやうに言ひつけた。それといふのも、カナリヤは歌手としての才能を揮つて、囀るやうな短抒情調の恋歌を投げつけるので、親父は自分が馬鹿にされてゐると思ひ込んだのである。》

そして親父は鳥籠を踏みつぶす……と、こんなロートレアモンの残虐な物語に執着した翻訳者青柳瑞穂が、芳水の小鳥の色紙をもらったとき(もらったと仮定してだが、もちろん)、どんな気持ちがしただろうか、などとあらぬ空想をたくましくしてみた。




[PR]
by sumus2013 | 2014-09-25 21:18 | 古書日録 | Comments(2)
Commented by yf at 2014-09-27 11:53 x
個展ご苦労様でした。ここに出て来る「駒井哲郎」とのオリジナル版画本、小生が「芸術新潮」誌(当時は文藝春秋と同じ判型)で読んでいたもので、後に大阪,旧阪急百貨店の美術街での「ぞっき本セール」で¥1000で入手、これが小生のこのみちに入るきっかけになった本、今も段ボールで函を作って愛蔵しています。
Commented by sumus2013 at 2014-09-27 17:47
すばらしい! 今、10〜20万円してます。
<< 表札など ほんまに16号 >>