林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
確か『資本論』でも一悶着..
by sumus2013 at 15:36
真意はよく分かりませんが..
by sumus2013 at 15:28
春陽堂文庫などから被害を..
by 牛津 at 08:37
過激な座談会ですね。それ..
by 牛津 at 08:09
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ユニテ6日目

f0307792_20284882.jpg

個展六日目、本日はさすがに連休中の人出はなかったものの、その分、来場された方々と濃い内容の歓談ができた。善行堂も来てくれた。引っ越しの理由は聞けなかったけれども、とりあえず、離婚したとか、そういうことではないそうだ。

時間のあるときに古本マルシェ用として持参していた『アンリ・ミショー ひとのかたち』(平凡社、二〇〇七年七月二日)を何気なく眺めていた。これはなかなか洒落た造本で、作品図版も少しばかり小さめに配置されており、上品な雰囲気。

f0307792_20360833.jpg


f0307792_20361165.jpg

作品図版のとなりの頁にミショーの詩(の短い一部分)が配置されている。それが対訳になっているのも仏語生かじり人種としては「いいね」と言いたい。せっかくだから和文と仏文を読み比べたりしていた。和訳はミショー全集の小海永二によるもののはずだから定本と言っていいだろう。しかし、おや、これは? と思うところがあった。 

f0307792_21505054.jpg
和訳文の下から二行目

《わたしがそうしたのは特におそく、あまりにもおそすぎた。

となっているところ、原文テクストはこうである。

Je le fit particulièrement tôt, trop tôt.

tôt」を「おそい」として訳してあるのはどういう理由だろう? 「早い」ではないか。全体の意味からしても早すぎたと解釈した方がぴったりくるようにも感じられる。全集はむろん架蔵していないので、そちらがどうなっているかは分らないのだが…。小生の勘違いならたわごととお許し願いたい。



[PR]
by sumus2013 | 2014-09-16 20:56 | 画家=林哲夫 | Comments(0)
<< 観楓紀行4 ユニテ5日目 >>