林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
 終わり頃に伺えるチャン..
by arz2bee at 23:42
女子美人脈、歴史が長いだ..
by sumus2013 at 17:28
大橋鎭子さんの母親、久子..
by 唐澤平吉 at 15:09
お嬢さんも独立されたです..
by sumus2013 at 19:41
かつては家族で前泊して、..
by 牛津 at 18:11
そうですか、同期でしたか..
by sumus2013 at 20:05
なんだか縁でつながってま..
by 大島なえ at 19:31
渋沢敬三は渋沢栄一という..
by sumus2013 at 19:02
昔は四十歳の人がこうい..
by arz2bee at 17:37
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


観楓紀行

f0307792_20184941.jpg


近頃、讃岐関連の収穫がないと思っていたら、ちょっと珍しい一冊を均一で発見した。これからしばらくこの資料を紹介して行きたいが、その前に川崎市のKさん(丸亀出身)より讃岐関連本との最近の出会いについて報告メールを頂戴したので転載しておく。

◇8月帰省の際、讃州堂書店で地産本を2冊購入しました。
・「香川不抱歌集」昭和32年、坂出市財団法人鎌田共済会発行
 (鎌田醤油が母体、不抱没後40年追慕記念)
・「新四国風土記」昭和42年、宮脇書店宮脇富子発行
 (壺井繁治、上林暁、西村望など四国出身作家のエッセイ集)

◇「東京人」9月号川本三郎連載の「東京つれづれ日誌」に香川出身平岡敏夫の本
 「佐幕派の文学史・福沢諭吉から夏目漱石まで」の紹介文がありました。
 1930年塩飽広島生まれ、丸亀高校出身の近代文学史家、漱石研究家のようです。また古本探索のネタが出来ました。

◇講談社PR誌「本」9月号に新連載平田オリザ「学びの広場を作る讃岐一」がありました。
 「香川県に足繁く通うようになって四年ほどになる。縁あって、善通寺市にある四国学院大学に新しい演劇コースを作るお手伝いをしてきた。・・・」
 この顛末エッセイのようです。讃岐の演劇も興味深いです。

f0307792_20185173.jpg

では、小生の収穫とはいかなるものか。こんなものです。残念ながら上の写真に見るように改装されておりオリジナルな表紙は失われている。別の和本の表紙を切り取って代用したようだ。本文も普通の和綴じ(四つ目綴じなど)ではなく二箇所を糸綴じしているだけである(最初の写真の黒い糸は小生が補強した。糸綴じは本文だけで表紙は糊付け)。

タイトルは『観楓紀行』、著者は奥付では《編輯者 中桐絢海》、本文では《黄葉白雲居主人星岳》。明治三十年四月出版、中桐絢海の住所は香川県小豆郡艸壁村大字上村百一番戸。発行兼印刷者は上野松龍舎、大阪市東区谷町二丁目百十番邸(上野松龍舎による出版物は国会にも大阪府立図書館にもCiNiiにも見当たらない)。

f0307792_20333229.jpg


中桐絢海(なかぎりけんかい)は嘉永二年(一八四九)生まれ明治三十八年(一九〇五)七月八日歿。本名、明田絢。字は素卿、号は星岳、柳東。中桐文炳の養子となる。柏原謙好に学び、江戸で西洋医学を修める。維新後、讃岐で開業。明治七年高松医学校教頭。著書に『中毒小言』(柏原謙益、一八七五年)、『解剖便覧表』(開文舎、一八七六年)、『錦渓集;寒霞渓記勝初編』(木村弥助、一八八九年)、『寒霞渓道志る辺』(池田武太郎、一九〇〇年)、『寒霞渓記勝;錦渓集第二編』(庫本実、一九〇一年)[以上はkotobank の情報に著書などを増補]。

他に事蹟としては明治三十八年(歿年になるが)、高松の陶工久保祖舜を招いて寒霞渓の山麓に神懸焼の窯場を開いたと言われ、また藤沢南岳に委嘱して「寒霞渓」の名称を得たのも絢海であった。


本文の内容については順次紹介して行く。


[PR]
by sumus2013 | 2014-09-10 21:10 | うどん県あれこれ | Comments(2)
Commented at 2015-03-28 16:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sumus2013 at 2015-03-29 09:55
お知らせありがとうございます!
<< ユニテ初日 ユニテ展示ひとまず完成 >>