林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
有り難うございます。在、..
by sumus2013 at 20:18
ご無沙汰しております。い..
by epokhe at 16:28
こちらこそ有り難うござい..
by sumus2013 at 15:05
林哲夫さま 掲載ありがと..
by 遠藤勁 at 14:23
> 岡崎武志さん ほん..
by sumus2013 at 20:17
あれえ、和室は気づきませ..
by 岡崎武志 at 14:50
なるほど。さすが。思いも..
by sumus2013 at 08:06
それは是非! 変った人だ..
by sumus2013 at 19:51
きだみのるについて、宮崎..
by k,imamura at 16:21
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ひと夏の経験

f0307792_20333293.jpg


山口百恵のLPレコードが二十枚ほど郷里の書庫に眠っていた。自分で買ったわけではなく、誰かにもらったのだと思うが、こんなにたくさんあったとは、すっかり忘れていた。せっかくだから個展のにぎやかしに雑貨として販売するつもり。

古いところでは二枚目のオリジナル・アルバム「青い果実/禁じられた遊び」(一九七三年一二月発売)と四枚目の「十五才のテーマ ひと夏の経験」(一九七四年八月発売)、五枚目の「15才」(一九七四年一二月発売)などがある。

「スター誕生!」出演が一九七二年一二月、歌手デビューが七三年五月、「ひと夏の経験」でブレークした。八〇年一〇月引退、一一月三浦友和と結婚。八年足らずの芸能生活だった。

f0307792_20333017.jpg


個人的には好きでも嫌いでもないが、百恵が活動したのは小生が大学へ入る直前から大学を出て武者修行(?)のためにヨーロッパへ行くまでの時期にあたり、ほぼぴったり東京生活と結びついている、ということは青春のBGMとして常に背後には百恵の歌が流れていた。あらあためてLPジャケットを眺めてみると、とくに篠山紀信の写真はまるで昭和に生まれ変わった竹久夢二のように思えてくるのである。



[PR]
by sumus2013 | 2014-09-07 20:58 | おととこゑ | Comments(0)
<< ガリマールの家 medievalbooks >>