林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
確か『資本論』でも一悶着..
by sumus2013 at 15:36
真意はよく分かりませんが..
by sumus2013 at 15:28
春陽堂文庫などから被害を..
by 牛津 at 08:37
過激な座談会ですね。それ..
by 牛津 at 08:09
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


フライド・グリーン・トマト

f0307792_19335855.jpg

【ほんのシネマ】
昨日のカポーティからの連想で南部の暮らしをコミカルかつリアルに描いた佳作「フライド・グリーン・トマト」(Fried Green Tomatoes、ジョン・アヴネット、1991)を思い出した。

老人施設に暮らすジェシカ・タンディの昔話に倦怠期の妻キャシー・ベイツが引き込まれて行くという筋立て。アラバマの小さな町で暮らす少女イジーはちょっと変った子どもだった。最愛の兄を事故で亡くし、その恋人だったルースと友情を結ぶ。ところがルースはとんでもない男と結婚してしまう……。

結局はその暴力夫からイジーがルースを引き離して二人は差別のない食堂「ホイッスル・ストップ・カフェ」を経営し始める。そこへひつこく現れていた元夫が突然姿を消してしまう。何年かが経ち、洪水の後で男の車が河の底から現れ、殺人容疑がイジーにかけられる。

上は裁判のシーン。牧師が証言に立つ場面。裁判所の聖書ではなく自分がいつも使っている聖書に宣誓させてくれと頼んでいるところ。そして牧師はイジーの無実を保証する。当時、南部で牧師の地位は非常に高かったことが分るのだが、元々証拠不十分なところにもってきて牧師の証言があったためイジーは無罪となる。

f0307792_19335622.jpg

裁判が終わった後、ルース(左=メアリー=ルイーズ・パーカー)とイジー(メアリー・スチュアート・マスターソン)の会話。牧師はさすがに聖書に誓って偽証することはできないので『白鯨』を聖書と見せて使ったのだ。『白鯨』は実際に主人公の名前やエピソードからして聖書の内容がちりばめられている。ほとんど聖書に匹敵する本だった(?)。

原作はファニー・フラッグ(1944-)の小説『Fried Green Tomatoes at the Whistle Stop Cafe』(1988)。ファニーは女優であり、七〇年代にはTVのゲーム番組のパネリストとして知られた女性。テレビや映画にも脇役でいろいろと出演している。難読症(dyslexia)を克服して小説を書き続けているそうだ。この映画の脚本でアカデミー賞脚本賞にノミネートされた。アラバマ州バーミンガムの生まれ。






[PR]
by sumus2013 | 2014-08-26 20:29 | 古書日録 | Comments(2)
Commented by daikatoti at 2014-08-26 20:51
この映画を見て青いトマトをフライにして喜んでおりましたが、ストーリーはほとんど忘れていますね。
ただ覚えてる場面、最後の方にバーベキューの場面がありました。
で、悪い亭主が行方不明なんですよね。
おいしそうに肉が焼けていて、、
…という意味深だけどカラッとした映画でした。
Commented by sumus2013 at 2014-08-27 14:13
そうそう、バーベキューですよ(笑)!
<< 額縁作り 誕生日の子どもたち >>