林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
今後の刊行も大いに期待し..
by sumus2013 at 20:46
林様 ご紹介いただき、有..
by manrayist at 19:58
imamuraさま、何か..
by sumus2013 at 12:10
charaさま、なんと、..
by sumus2013 at 12:02
そのようなつながりがお有..
by k.imamura at 23:12
直違橋を〈すじかいばし〉..
by chara050505 at 18:05
そうなんですよ! ビック..
by sumus2013 at 17:39
うわー、これがあのカッパ..
by 岩田和彦 at 11:29
うちのPCも古くなってき..
by sumus2013 at 13:22
「うまやはし日記」持って..
by 大島なえ at 12:36
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


蠹知之士

f0307792_20100252.jpg


ユニテでの古本マルシェにちっとはましな本を出品しようと思って、貴重書の戸棚を開けた。ガサゴソやっているとスルスルッと動くものが……あっちゃ〜シミではないですか! そう言えば、この戸棚に防虫剤を入れたのはもう何年も前のことだ。すっかり効力はなくなっているはず。

シミはフルホンシバンムシのように食い荒らすということはないようだが、それでも薄くなめられるだけでもゆゆしき事態である。とにかくこのシミ君には家の外へ出て行ってもらった。そして洋服用の防虫剤を妻から調達してきてあちらこちらに放り込んだ。今たちまち調べたところではとくに食われた形跡はないように思う。

f0307792_20100032.jpg

『ちくま』の「ふるほんのほこり」連載中に紙魚について書いたことがある。二〇一〇年三月号「蠹知之士」。もう掲載から四年以上経っているので全文引用してもいいだろう。


 斎藤茂吉に「蚤」というエッセイがある。
 それによれば、明治二十九年ごろ浅草に住んでいた時分、茂吉は蚤をガラス瓶に入れて飼っていた。口に紙のふたをしてこまかい穴をあけておき、ときどきふたをとって腕を当て、エサの代わりに血を吸わせたりしながら観察したという。

「シミって何を食べるんですかね?」
 昨秋、懇意にしている古書店主からこうたずねられた。
 シミは紙魚、あるいは衣魚、蠹魚とも。
 古本を触っているとときどき顔を合わす。一センチ足らずの細長い昆虫で、体が銀色をしているため銀魚などとも呼ばれる。和本などを食い荒らして穴をあけるのはフルホンシバンムシであってシミではないらしい。
「ええと、本の糊を食べるんやなかったかな、どうして?」
 店主は背後の書棚を開き、小さなジャム壜を取り出した。
 なかには細かく切った和紙が入っている。指差されたところを見ると紙の間に小さなシミが張りついていた。穴を数カ所あけたビニールでふたをしてある。紙は和本の切れ端を刻んだものだったが、シミがかじった形跡はなかった。
「店でウロチョロされると困りますけど、飼ってみるのも一興かと思いまして。オスかメスか分らないので、小唄の本を食べたら市丸、漢詩の方なら星巌って名前にしようかなんて」
 なんとも浮世離れした店主である。

 帰宅して調べてみると、やはりシミは書籍や衣類のデンプン質の糊を食べると書いてあった。水はやらなくてもいいともいうし、湿らせた脱脂綿を入れておくといいともいう。家庭内に棲む昆虫は千種類ほどもおり、それらを壜に入れて飼う人も珍しくない。その設備をインセクタリウムというのだそうだ。さっそく電話で知らせておいた。
 数日後、気になって店をのぞいてみた。
 店主は「おかげさんで、市丸、元気にしてますよ」と嬉々として壜を眺めていた。メスと決めつけたようだ。
 漢文で「蚤知之士」といえば、「先見の明のある人」。古本好きとしては、やはり知っておくべきは銀魚でありたい。




[PR]
by sumus2013 | 2014-08-18 20:31 | 古書日録 | Comments(0)
<< 買い取りします 朱竹垞詩鈔 >>