林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
1992年の「林哲夫作品..
by H at 20:45
有り難うございます。25..
by sumus2013 at 19:13
早速のコメントありがとう..
by H at 09:42
そうなんですか、感慨無量..
by sumus2013 at 08:54
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


下鴨神社納涼古本まつり

f0307792_21053469.jpg

f0307792_21021359.jpg

ほんとうなら三日目だが、小生にとっては今日が初日。人出はなかなかのもの。昨日も来たというMさんに狙い目のテントを教えてもらう。口笛文庫さんと聞いて駆けつけてみると、たしかに300円均一のレベルが相当に高かった。

f0307792_21034765.jpg

f0307792_21010753.jpg

f0307792_21040205.jpg
外国からの客人も目立った。この女性は謡曲本を熱心に見ていた。片言で台湾の本を探している台湾人の男性もいた。サンシュルピスでの自らの姿を重ね合わせてしまう。

f0307792_21041318.jpg

f0307792_21042111.jpg


f0307792_21044110.jpg

f0307792_21045271.jpg

f0307792_21043132.jpg

f0307792_21050367.jpg

f0307792_21051411.jpg


数冊は買ったものの収穫と呼べるほどのブツはなし。しかし充分楽しめた。ちょっと懐かしかったのはこちら。キトラ文庫さんで雑談していると、こんな差し入れが舞い込んだ。「これ何だか分ります?」と言われて一口「……? 牛肉でもないし…」

f0307792_21141367.jpg

「鯨ですよ」
あ、なるほど、このパサッとした食感、そうだクジラだ。
「珍しいでしょう。ずっと探してて、やっと見つけたんです」
「クジラなんか売ってるんだね! 何年ぶりやろう」
われわれの世代までは学校給食によく登場したものだ。その頃の記憶が甦ってくる。嫌いじゃなかった。今では高級食材のはず……が、これは百グラム200円だったとのこと。どういう仕入れルートなんだろう。



[PR]
by sumus2013 | 2014-08-13 21:28 | 古書日録 | Comments(0)
<< 平凡パンチ DELUXE 尖端短編集 >>