林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
> 岡崎武志さん ほん..
by sumus2013 at 20:17
あれえ、和室は気づきませ..
by 岡崎武志 at 14:50
なるほど。さすが。思いも..
by sumus2013 at 08:06
それは是非! 変った人だ..
by sumus2013 at 19:51
きだみのるについて、宮崎..
by k,imamura at 16:21
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
 終わり頃に伺えるチャン..
by arz2bee at 23:42
女子美人脈、歴史が長いだ..
by sumus2013 at 17:28
大橋鎭子さんの母親、久子..
by 唐澤平吉 at 15:09
お嬢さんも独立されたです..
by sumus2013 at 19:41
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


創意工夫事典

f0307792_21325420.jpg

財団法人図画工作研究所編『創意工夫事典』(図画工作株式会社、一九四三年九月二五日)。発行人は後藤福次郎。この人の名前はその自伝的著作『人生工作』(文化建設社、一九四六年および一九四九年)で記憶していた。すこぶる面白い本だった。本書の著者略歴を全文引用しておく。

《国民学校並に中等学校の図画工作教育の研究機関として、昭和十五年八月文部大臣より認可設立。
代表者後藤福次郎は昭和二年十一月学校美術協会を創立主宰。昭和十七年七月財団法人図画工作研究所を創立主宰。
現在同研究所長、図画工作株式会社社長、学校工作用品統制株式会社社長、大政翼賛会科学技術委員なり。》

序文の末尾には知られた名前も見える。

f0307792_21325889.jpg

f0307792_21331088.jpg


f0307792_21334541.jpg


f0307792_21334803.jpg


f0307792_21335042.jpg


f0307792_21335274.jpg


内容は創意工夫というよりも絵で見る事典といった方が適切だろうか。電球などの日常品から戦艦や潜水艦などの兵器まであらゆる事物をの種類や構造などを絵と文で解き明かしている。昭和十八年発行だけに時局的なテーマも多い。戦車、遮光カバー、防毒面など引用したが、他にも包帯の巻き方や人間担架などすぐに役立つ知識も詰め込まれている。「エンヂン切開図」という用語なども面白い。

f0307792_21330538.jpg






[PR]
by sumus2013 | 2014-08-03 21:59 | 古書日録 | Comments(0)
<< 優曇華物語 緩瀬寛 誰? >>