林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
1992年の「林哲夫作品..
by H at 20:45
有り難うございます。25..
by sumus2013 at 19:13
早速のコメントありがとう..
by H at 09:42
そうなんですか、感慨無量..
by sumus2013 at 08:54
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


緩瀬寛 誰?

f0307792_21052322.jpg

『くろおぺす』42号(一九六一年七月一〇日、表紙=中西勝、創刊は一九五三年七月)を何冊か某氏より頂戴した。『くろおぺす』がどういう雑誌だったのかは、下記のブログに詳しい(詳しいというよりあからさま)ので参照していただきたい。なお「くろおぺす」はたぶんギリシャ語で「盗人」の意味だろう。

こころなきみにも 2010-04-22
http://d.hatena.ne.jp/yumetiyo/20100422/1271904841

上のブログによれば『くろおぺす』は『たうろす』(創刊一九六三年一月)へと衣替えするのだが、そのきっかけがこの42号で追悼されている越知保夫の死によるものだったという。『くろおぺす』廃刊は43号(一九六一年一二月一五日発行)だそうだ(季村敏夫『窓の微風』みずのわ出版、二〇一〇年による)。43号の編集後記(小川)には

《くろおべすは越知さんの死という空虚にたえて生きのびなければならない。もともと越知さんは、わいわいさわぐ私たちのそばでひっそりと存在していた。越知さんのひっそりがあればこそ、私たちは、安心してというのも妙だが、それだけ一層わいわいとやっていたような気がする。

とあって越知の喪失が大きかったことが伺える。しかし《新年に希望を持とう》という言葉とともに同人費五百円を収めてくれという要求も書かれているので、少なくともこの時点では終刊する予定はまったくなかったようだ。

越知保夫は明治四十四年九月二十一日、大阪市西淀川区姫島町生まれ。カトリックに受洗し暁星中学、一高、東大フランス文学科を卒業。東大在学中に結核に冒され転地療養。昭和十五年から十七年まで鎌倉に住み、吉田健一、中村光夫らと同人雑誌『批評』に参加。詩を掲載する。戦争中は兵庫県の仁川に転地。戦災にあい各地を転々とする。昭和二十五年姫島に帰り歿年まで。昭和二十九年『くろおぺす』に参加。三十五年結婚。三十六年二月十四日心臓うっ血のため急逝。(本誌掲載の略歴より抜粋)

目次と当時の同人一覧を掲げておく。住所の細かいところはボカしておいた(必要ないとは思うが、念のため)。発行人は何人か交替しているようだが、小川正己と安水稔和(この号では前者が編集人、後者が発行人)が実務の中心だったように思える。発行所名は本号には記載されていない。クロオペスクラブと名乗っていた時期もあったようだ(雑誌名も『クロオペス』とカタカナ表記の例もある)。

f0307792_21053259.jpg


f0307792_21053454.jpg

目次に鉛筆書きで「生田?」とある。同人リストに「緩瀬寛」の名前はない。要するに誰かの筆名だろうが、サドを翻訳するような人物は生田耕作しかいないだろう、ということ。生田は41号から同人に名を連ねている。緩瀬寛(ゆるせ、ひろし? カン・セ・カン?)は本号に二篇の翻訳(サドとジョイス・マンスールの詩)を載せている。41号にも43号にも緩瀬寛は登場していないし、検索してみても何の情報も得られなかった。

f0307792_21052788.jpg


f0307792_21052903.jpg


おまけに『ソドム百二十日』(今はこの題名が通例だが、緩瀬訳では『ソドムの百二十日』)のジャンジャック・ポヴェール版(一九七二年)の扉を掲げておく。これはアスタルテ書房で買ったもの。

f0307792_21053636.jpg




[PR]
by sumus2013 | 2014-08-02 21:50 | 古書日録 | Comments(7)
Commented by kaguragawa at 2014-08-03 22:01 x
多田智満子さんの名前をみつけ、多田智満子の名を教えてくれた人の顔も浮かび、10年の時があっというまに過ぎたことも思いました。
Commented by sumus2013 at 2014-08-04 19:56
多田智満子……という名前がいいですね。いつも見かけるたびにいいなと思います。
Commented by たるや at 2014-09-13 19:25 x
ブログの引っ越しに気付きませんでした。
某氏提供のコピー通り「緩瀬寛」は生田耕作氏の筆名です。
ご本人から「本朝文粋」だか「梁塵秘抄」だったかに因むと伺いました。ただ失礼ながら本人の証言ほど信用出来ないものはないので、後日アスタルテの佐々木さんに裏付けを取ってもらいました。
阪大時代の同僚、片山正樹氏への詫びの意。「許せ」という説もあります。後に改訳されて「ソドムの百二十日」は雑誌「るさんちまん」に、「ジョイス・マンスール詩鈔」は限定版で刊行されました。
奇特な方が出版目的で「生田耕作書誌」というサイトをupされていたことがあり、この折なら「緩瀬寛」もヒットした事でしょう。
Commented by sumus2013 at 2014-09-13 21:38
たるや様 御教示に深謝です。いろいろいわくのありそうな名前だとは思いました。「生田耕作書誌」ですか!
Commented at 2014-09-14 15:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sumus2013 at 2014-09-14 20:50
お察しいたします。
Commented by sumus2013 at 2014-09-15 21:01
時間表示のとなりの×印をクリックすれば消えます。消しておきました。「ゆるせすぐる」はたしかですね。
<< 創意工夫事典 科学 KWAGAKU >>