林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
うちのPCも古くなってき..
by sumus2013 at 13:22
「うまやはし日記」持って..
by 大島なえ at 12:36
15周年おめでとうござい..
by sumus2013 at 08:06
吉岡実の俳句、しみじみと..
by 小林一郎 at 22:58
百人百冊、千人千冊のお宝..
by sumus2013 at 07:49
夕方、店じまい寸前に参戦..
by 牛津 at 23:51
そうでしたか! クラシッ..
by sumus2013 at 08:12
有り難うございます。在、..
by sumus2013 at 20:18
ご無沙汰しております。い..
by epokhe at 16:28
こちらこそ有り難うござい..
by sumus2013 at 15:05
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


LA CUPA NOTTE

f0307792_20364585.jpg

このような可愛い詩集が舞い込んで来た。諏訪優のフィレンツェで出版されたイタリア語の詩集『LA CUPA NOTTE』(Edizioni Cinzia, 1958)「暗い夜」。

f0307792_20361709.jpg


f0307792_20362181.jpg


f0307792_20362989.jpg


f0307792_20363165.jpg

本書に掲載されている著者紹介を原文のまま引用しておく。世界各国の雑誌に寄稿していたようだ。BleakingはBreakingの誤植だろう(詩集『割れる夜』)。

YU SUWA
è nato a Tokyo nel 1929.
Membro del gruppo 《vou》(1953-56).
Ha fondato le riviste di poesia e arte 《Attack》e 《Kast》nel 1956.
Ha pubblicato le raccolte di liriche 《Bleaking night》,《Night Beard》,《Mr.concrete》.
Collabora con liriche, disegni, critiche e traduzioni a 《Shigaku》,《Eureka》,《Tsukue》,《Pan Poesie》ecc.(Giappone), a《Cinzia》(Italia), a 《Olivant》,《Flame》,《Epos》(U.S.A.), a《Iô》e《Alternances》(Francia), a《Prototipi》e《International Anthology》(Grecia).
È membro di importanti organizzazioni artistiche giapponesi.

f0307792_20363777.jpg
こちらはフライヤー。なお、この手のひら詩集は国会図書館、近代文学館、カナブンには所蔵されておらず、なぜか京都大学図書館にある(白川書院から何冊も本を出していることと関係があるのかどうか)。また現在「日本の古本屋」に一冊出品されている。ただし綴りが間違っているのでタイトルで検索してもひっかからなかった。諏訪優で検索していて見つけた。

諏訪優の単行本をざっと拾ってみた。とりあえずウィキより詳しい。

諏訪優(すわ ゆう、1929年4月29日―1992年12月26日)

【著書】
グレゴリー・コオソの物語 私家版 19--[刊年不詳]
割れる夜 1956
詩画集東と西を流れるもの ONION PRESS/OLIVANT HOUSE 1956[英語版]
夜の髭 オニオンプレス 1957
LA CUPA NOTTE EDIZIONI CINZIA 1958
YORUを待つ 書肆ユリイカ 1959
アメリカ現代詩手帖 思潮社 1961
アレン・ギンズバーグ Doin'グループ 1963
ビート・ジェネレーション 紀伊国屋書店 1965
女流詩人 新書館 1966
アメリカ文学うら街道 文建書房 1966
詩集 精霊の森 思潮社 1967
アレン・ギンズバーグ 弥生書房 1969
吠える : 諏訪優評論集 他人の街社 1970
西風の幻の鳥よ : 短篇集 弥生書房 1972
アメリカ ・その他の旅 : 詩集 NOVAKAST PRESS 1973
この大陸は種子なのだ : アメリカ文明のゆくえ 研究社出版 1973
日没の夢の中で 白川書院 1975
旅にあれば 詩集 無限 1975
たかが猫だというけれど 白川書院 1977
帰る場所 : 諏訪優詩集 紫陽社 1977
ニャンニャンミャオミャオ サンリオ 1978
谷中草紙 : 諏訪優詩集 国文社 1980
ブラック・マウンテンへの道 書肆氷花 1980
現代詩文庫 : 諏訪優 思潮社 1981
田端事情 詩集 思潮社 1983
太宰治の墓 その他 思潮社 1986
芥川龍之介の俳句を歩く 踏青社 1986
坂のある町 踏青社 1987
太郎湯 思潮社 1988
猫もまた夢をみる 廣済堂出版廣済堂文庫 1991
田端日記 思潮社 1993
東京風人日記 広済堂出版 1994
山室静論 町田ジャーナル社 2000

【訳編書】
海外詩研究 第1 思潮社 1962 訳
ギンズバーグ詩集 思潮社 1965 訳編
麻薬書簡 思潮社 1966 共訳
ゲバラの魂 天声出版 1968 訳
アメリカ・ニグロ詩集 思潮社 1969 訳編
カディッシ 思潮社 1969 共訳 
破滅を終らせるために 思潮社 1971 訳編
アメリカ反戦詩集 秋津書店 1972 共訳
うたうよ、クマのプーさんが サンリオ 1976 共訳
宇宙の息 晶文社 1977 訳
神話を生きる : レナード・コーエン詩集1 JCA 1977 訳
悲しき花粉の輝き 昭森社 1978 訳 
ディランが街にやってきた : ローリング・サンダー航海日誌 サンリオ 1978 共訳
ノヴァ急報 サンリオ 1978 訳
猫をかく 国文社 1979 編
インド日記 : 1962-1963 サンリオ 1980 訳
ケルアックズタウン 思潮社 1988 訳
不思議な果実 アメリカ黒人詩集 思潮社 1988 訳編 
ケルアックと仲間たち ビート・ジェネレーション・アルバム思潮社 1990 共訳 








[PR]
by sumus2013 | 2014-07-12 21:15 | 古書日録 | Comments(0)
<< the passing of ... 貧乏は幸せのはじまり >>