林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
個人的に思うのですが、第..
by sumus2013 at 16:32
「わずか数ポイント差の得..
by 牛津 at 15:55
ご来場有り難うございまし..
by sumus2013 at 21:55
久し振りにお会いできて嬉..
by 淀野隆 at 21:24
この聞き取りを残せてよか..
by sumus2013 at 08:10
いやあ、驚きました。肥後..
by 岡崎武志 at 22:53
無料ではなく、せめて五十..
by sumus2013 at 21:51
そうそう、思い出しました..
by 牛津 at 21:26
まったくその通りですね。..
by sumus2013 at 09:04
このような本が無料という..
by 牛津 at 21:13
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


湯川版『中国行きのスロウボート』

f0307792_15272497.jpg


十年少々前に御幸町の湯川書房で撮影した。村上春樹『中国行きのスロウボート』(一九八四年)。これは一冊だけ残っていた番外本。たしか当時三万五千円と聞いたように思うが、うろおぼえである。

『日本古書通信』1019号(二〇一四年六月号)の巻頭にこの本が出ている。田坂憲二「古書目録に見る村上春樹の署名本」。

《村上春樹の署名本で最も有名なものは、湯川七二倶楽部の第四回配本の『中国行きのスロウボート』である。著者本を含めて限定一〇八部で、限定番号は付されていないものの、名刺大の署名箋が挟まれている。刊行はなんと、一九八四年! のことである。はじめは二、三万円程度の古書価であったが、『玉英堂稀覯本書目』二二四号(一九九五年二月)が六万五千円の値を付けたあたりから急上昇を始め、一昨年の明治古典会の底値が三〇万円。『森井書店古書目録』五〇号(二〇一二年一二月)の三五万円あたりが良心的な値段と思われる。昨年末の『全大阪古書ブックフェア合同目録』(大阪古書組合、二〇一三年一二月)には、浪速書林が三六万円台の値段で出陳していたが、これも注文が重なったのではなかろうか。造本と署名と作品そのものと、何拍子も揃ったものであるから。

限定番号がないと書かれているが、七二倶楽部本には会員独自に割り当てられた木篇の漢字印が捺されているそうである。百冊余り、湯川さんが自ら捺印したとのこと。

村上春樹はちょっと湯川書房には異質なのではないか? 村上春樹に豪華本というのがどうも似合わないですね、と湯川さんに直接問うてみたこともあるが、肯定も否定もしないで苦笑いしていた。値段の動きだけ見ていると、いつの間にかこの本が、村上春樹のネームバリューとともに、湯川書房の代表的な一冊になってきたようだ。先見の明があったと言うべきなのだろう。

湯川さんと親しかったある方より次のようなメールを頂戴した。

以前から湯川さんも小生も音楽の香りをする本を出したいと思っていまして、書店で立ち読みした「村上春樹」を推薦したところ、「あれは駄目だ、作文」と言い、しかし「1週間」もせぬうちに「あれ契約してきた」と。
「誰」と聞くと「村上春樹」の名が返ってきたのです。
「手のひらかえす」とはこの事かと思ったのですが、当時、こんにちの「声望」を得るとは思いもしなかったです。

湯川さん、分っている。さかしまなところもさすがです。

[PR]
by sumus2013 | 2014-07-11 21:34 | 古書日録 | Comments(5)
Commented by yf at 2014-07-12 14:49 x
 この11日は奇しくも『水雀忌」で小生、先日、四天王寺前夕陽ヶ丘の湯川さんのお墓に「線香」を手向けてきました。暑い日で「線香」の束が恐ろしい程に燃えましたです。
Commented by sumus2013 at 2014-07-12 16:10
水雀忌、おっと孔雀忌と思って取り上げたしだいです。
Commented by yf at 2014-07-12 16:50 x
水雀忌は本人湯川さん自身が「衰弱」にかけて「水雀や」と、申しておりました。大阪でのお住まいが「正雀本町」これにかかっています。阪急電車の開発した住宅でした。
Commented by 大島なえ at 2014-07-13 19:44 x
 まぁ本物の写真を初めて見ました。美しい赤い表装が意外な感じです。
一度、実物を手にとって見たい本のひとつですが、そんな高額なると
なんだか美術品の域ですね。
 湯川さんのお命日に、林さんらしい供養がさりげなくて、きっと湯川さん
も苦笑しているでしょう。「えらいもん出してもろて」てな感じで
Commented by sumus2013 at 2014-07-16 20:02
村上春樹に対するヒラメキ、今思うと、これこそ湯川さんらしい一冊なのかもしれません。
<< LA CUPA NOTTE 花咲く乙女たちのかげに I >>