林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
次作の京都編がいよいよ楽..
by sumus2013 at 11:34
拙著、ご紹介いただき有難..
by manrayist at 09:19
全く幼稚な感想でお恥ずか..
by sumus2013 at 08:06
『新訳ステファヌ・マラル..
by monsieurk at 22:06
それは惜しいことを。貴重..
by sumus2013 at 08:07
先日、宮崎翁にお会いした..
by kinji今村 at 22:15
よかったです!
by sumus2013 at 07:58
小生も一度お伺いしようと..
by sumus2013 at 08:00
街の草さんにはちょっとご..
by akaru at 22:48
そうでしたか、本当に早い..
by Iwata at 18:18
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


岩波文庫目録

f0307792_20033067.jpg

バルテュス展の帰り道、ちょっと立ち寄った古本屋の軒先にこんなものがあった。『岩波文庫目録 昭和三年七月』(岩波書店)と『岩波文庫目録 昭和四年三月』(岩波書店)。三年版は表紙も含め三十二頁、針金綴じ。四年版は四十頁。

岩波文庫略年表によれば《書店向けの岩波文庫目録(表紙には「昭和3年7月」とある)を作成》とあってこれが最初の岩波文庫目録らしい。『岩波文庫総目録 1927-1987』(岩波書店、一九八七年)で調べると、六頁目、八月十五日発行の335番コルネイユ『ポリウクト』までが掲載されているようだ。四年三月版は491番岡倉覚三『茶の本』(三月十日発行)まで掲載。

f0307792_20032855.jpg
三年七月版の第二頁にある前書き、および目録の最初の頁。第一頁目には「読書子に寄す」が掲げられている。前書きの最後に《御注文は前金でお願ひ致します。切手代用一割増。値段も安く小さい本ですから必ず送料はお忘れなくお添へ下さい。》とあるが、これは「書店向け」の文言なのだろうか?

『創業者を偲びつつ 岩波書店略史』(岩波書店、一九五九年)には昭和三年の岩波文庫についてこう書かれている。

《このころから、岩波文庫の返品がたくさんあるようになった。改造社や春陽堂などで岩波文庫に対抗して新しい文庫が発行され出したことも原因の一つであろう。それらの文庫は売れそうなものを選んで発行した。定価も安かった。古典だけを発行している岩波文庫がそれらに対抗することは、容易ではなかった。この事態は岩波書店に打撃を与えた。今まで相当の利益を生んでいた岩波文庫は、今や岩波書店の命取りになるのではないかとさえいわれるようになった。或る人は文庫を中止することを進言したこともあったという。しかし、岩波茂雄は刊行の辞に、永遠にこの仕事をつづけるといった以上、その約束を実行しなければならないといって、少しもひるむところがなかった。そして不景気を挽回するためには、店員たちは販売の面で新しい工夫をこらした。この経験は、岩波文庫にとって尊いものとなった。

文中「店員たちは販売の面で新しい工夫をこらした」とある営業努力のひとつがすなわち岩波文庫目録作成ではなかったろうか。

f0307792_20450138.jpg

ついでに『岩波書店出版図書総目録 昭和十二年十二月現在』(岩波書店、一九三七年一二月一七日)の書影を出しておく。






[PR]
by sumus2013 | 2014-07-07 21:10 | 古書日録 | Comments(2)
Commented by 牛津 at 2017-06-11 08:37 x
春陽堂文庫などから被害をこうむったようにありますが、これはどっちもどっちで、同じ本を、例えばタイトルを少し変えただけで岩波文庫に入れています。春陽堂の『藤村詩集』を、『藤村詩抄』というように。春陽堂からの一言も欲しいところです。
Commented by sumus2013 at 2017-06-12 15:36
確か『資本論』でも一悶着ありました。仁義なき戦いが行われていた時代だと思います。
<< 筑摩書房図書目録 滞欧作品展 >>