林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
うちのPCも古くなってき..
by sumus2013 at 13:22
「うまやはし日記」持って..
by 大島なえ at 12:36
15周年おめでとうござい..
by sumus2013 at 08:06
吉岡実の俳句、しみじみと..
by 小林一郎 at 22:58
百人百冊、千人千冊のお宝..
by sumus2013 at 07:49
夕方、店じまい寸前に参戦..
by 牛津 at 23:51
そうでしたか! クラシッ..
by sumus2013 at 08:12
有り難うございます。在、..
by sumus2013 at 20:18
ご無沙汰しております。い..
by epokhe at 16:28
こちらこそ有り難うござい..
by sumus2013 at 15:05
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


えむえむ第七号

f0307792_20261827.jpg


『えむえむ[熊田司個人誌]』第七号(二〇一四年五月三一日)、留守をしていたためようやく拝見できた(郵便、メール便ともに取り置きを依頼)。今号もヴァラエティに富みながら発行者の趣味に貫かれており、頁を繰るたびに「う〜む」と唸らされる。

青春伝「一九六八年前後・神戸月見山界隈」には加藤一雄が登場。友人が編集者として働いていたD社(同朋舎であることは図版から分る)に熊田氏は畏敬する大学の恩師・加藤一雄の著作集の企画を持ちかける。

《加藤先生ご自身には無断で、このような企みをするとは不躾千萬、今考えると冷や汗ものであるが、加藤一雄の何たるかを知って貰おうと、三彩社が出していた新版『無名の南画家』をYm君に貸すと、早速感銘を受けた旨の連絡があった。》

加藤に出版社が打診すると、いきなり著作集ではなく、まずPR誌に連載でもしましょうという返事があった。

《こうして、かすかに希望がふくらむ昂揚した気分で、その夜は過ぎていったが、たしかその翌日である、今度は大学の研究室から電話が入った。加藤一雄先生の急逝を伝える一報である。まともな返事もできぬほど驚いて言葉を失ったが、それは急ぎ用件を伝えたYm君の反応でもあった。何となく殺伐として、息苦しく生きにくい世間の空気の中に、窃かに得たと思った「暖」のぬくもりが、秋の冷たい現実にさらされて突如喪われてしまった感を強くした。この「暖」は、私とYm君の共通感覚のみならず、加藤一雄先生にも共有されていたのではないか、と思えるのが唯一の救いであり、また痛恨事でもある。その夜先生は殊のほか上機嫌で、いつもの御酒をすこし過ごされたと伝え聞いた記憶がある。


小特集は「鉄路・車両・架線」。この着眼には予想以上の広がりがあるようだ。

f0307792_20251881.jpg

その図版のなかに教科書出版書肆「集英堂」の絵があった。住所は東京市日本橋区通旅籠町十一番地、小林八郎が発兌人である。店の表中程に「書肆 小林八郎」という看板が上げられているのが見える。

国会図書館のデジタルライブラリーで調べると明治初期に栃木で山中八郎がやっていた版元に同じ名前の「集英堂」があり、また小林集英堂で修業した内山港三郎は宇都宮支店を任されていたが、明治二十三年の支店廃止にともなってそれを譲り受けて集英堂として営業を続けていた。こちらはおそらく本家より後まで残ったと思われる。

f0307792_20252681.jpg

他にも堀尾貞治、坂本繁二郎、小出楢重の作品などが登場。隅々まで楽しめる稀有な個人誌である。


[PR]
by sumus2013 | 2014-07-04 21:20 | おすすめ本棚 | Comments(0)
<< 菊地信義とある「著者11人の文」集 北園克衛 記号説 >>