林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
 終わり頃に伺えるチャン..
by arz2bee at 23:42
女子美人脈、歴史が長いだ..
by sumus2013 at 17:28
大橋鎭子さんの母親、久子..
by 唐澤平吉 at 15:09
お嬢さんも独立されたです..
by sumus2013 at 19:41
かつては家族で前泊して、..
by 牛津 at 18:11
そうですか、同期でしたか..
by sumus2013 at 20:05
なんだか縁でつながってま..
by 大島なえ at 19:31
渋沢敬三は渋沢栄一という..
by sumus2013 at 19:02
昔は四十歳の人がこうい..
by arz2bee at 17:37
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


北園克衛 記号説

f0307792_21231131.jpg


北園克衛『記号説 1924-1941』(金澤一志編、思潮社、二〇一四年六月六日)。

f0307792_21244106.jpg

f0307792_21244874.jpg


f0307792_21245588.jpg


f0307792_21250152.jpg

留守中に金澤一志編による北園克衛の作品選集が二冊届いていた。小生も北園克衛の装幀が好きなので目に付けばできるだけ求めるようにはしているが、北園の詩集となると貧生にはよほどの幸運でもない限り手に入らないため架蔵していない。全写真集も欲しいなあとか、金澤氏の『カバンのなかの月夜 北園克衛の造型詩』(国書刊行会、二〇〇二年)もいいなとか、これらも涎をたらしているだけでまだ求めてはいない。

ただし『SD』431(二〇〇〇年八月一日、鹿島出版会)と『異色の芸術家兄弟橋本平八と北園克衛』(三重県立美術館・世田谷美術館、二〇一〇年)図録くらいは持っている。これらは装幀家・北園克衛を知るにはたいへん便利なのだが、詩作品も含めた全体像となると、まったく何も分らないに等しい。

その欠点を補ったのが今回の二冊本であろう。詩人としての北園の仕事と造型作家としての仕事を通覧しつつ、その精髄に触れる、そういった北園を知り尽くした編者ならではの練り抜かれた選集のように思う。

詩…文字の連なり…文字…記号…絵…写真…立体…それらは別々の仕事ではなく、その境界が不分明な北園を包む成層圏のようなあり方で北園のポエジィを表象している。それが手に取るように分る編輯である。

それぞれの巻に金澤氏の解説文が掲載された栞が挟まれている。

《また「記号説」の発展形であり、早すぎたヴィジュアル・ポエトリーの達成として知られる「図形説」が絵画的な線ではなく鉛の活字に託されていることは、この詩人の作品をグラフィックとして眺めるときに欠かせない特異なフェティシズムを示すものだろう。北園克衛にとって詩の正体とは、まず印刷された紙でなければならなかった。》(金澤一志「前衛の憂鬱」より

この解説、ある意味、あまりにも的確で、読まない方がいいかもしれないとさえ思える鋭い内容だ。

[PR]
by sumus2013 | 2014-07-03 22:08 | おすすめ本棚 | Comments(0)
<< えむえむ第七号 北園克衛 単調な空間 >>