林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
「本は宝だ」とある古本屋..
by sumus2013 at 19:31
売れない本はゴミとして処..
by epokhe at 16:01
次作の京都編がいよいよ楽..
by sumus2013 at 11:34
拙著、ご紹介いただき有難..
by manrayist at 09:19
全く幼稚な感想でお恥ずか..
by sumus2013 at 08:06
『新訳ステファヌ・マラル..
by monsieurk at 22:06
それは惜しいことを。貴重..
by sumus2013 at 08:07
先日、宮崎翁にお会いした..
by kinji今村 at 22:15
よかったです!
by sumus2013 at 07:58
小生も一度お伺いしようと..
by sumus2013 at 08:00
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ザッキン美術館

f0307792_23110274.jpg


ザッキン美術館を訪ねた。宿から歩いてすぐ。常設展は無料だそうだ。アサス通りに面した建物と建物の間の隙間を通り抜けると内庭のように巨大な樹木が繁っている。その一角にかつてザッキンの住居とアトリエだった建物があり、それが美術館として公開されている。

f0307792_23142677.jpg


オシップ・ザッキンは一八九〇年にロシアのヴィテブスク(Vitebsk)に生まれた。幼年時代はスモレンスク(Smolensk)で過ごし、一九〇七年父親にイギリスへ送られた。ザッキンがパリへやって来たのは一九〇九年。まずラ・リューシュ(15区のブラッサンス公園近くにある集合住宅、二十世紀初頭多くの芸術家が住んだことで知られる)に入り、続いてヴォージラール通り、ルッセレ通り、そして一九二八年アサス通りに居を構えた。

モディリアーニ、サンドラール、マックス・ジャコブ、ヘンリー・ミラーらと親しくしていたそうだ。第二次世界大戦中はアメリカへ逃れていた。一九四五年にパリに戻り、アカデミー・ド・ラ・グランド・ショーミエール(画塾、アサス通りのアトリエから徒歩五、六分くらいのところに現存する)で教鞭をとった。結局、十七歳でイギリスへ渡って以後、終生ロシアへ帰ることはなかった(墓はモンパルナス墓地)。

f0307792_23155495.jpg


f0307792_23182000.jpg


f0307792_23204731.jpg


f0307792_23223233.jpg
f0307792_23233895.jpg


ザッキンの妻で、画家だったヴァランティーヌ・プラックス(Valentine Prax, 1897-81)によってパリ市へ遺贈され、美術館として公開されている。

周囲を高い建物に囲まれた、パリ市内とは思えない静かな空間。こじんまりとした庭も気持ちがいい。大きな美術館で疲れた足をこういうところで休めるのもいいかもしれない。



[PR]
by sumus2013 | 2014-06-28 00:05 | 雲遅空想美術館 | Comments(3)
Commented by Kcouscous at 2014-06-28 10:34
イサム・ノグチがここに住み込んでザッキンの弟子をしていたと聞いたことがあるのですが、なにかそのような資料はご覧になりましたか?
Commented by sumus2013 at 2014-06-29 00:03
いま、思い当たりません。ただブランクーシの助手をしていたようですし、グランド・ショーミエールに通ってもいたようですから、同じエリア内で生活していたことは間違いないですね。
Commented by Kcouscous at 2014-06-29 10:14
ブランクーシの助手でしたか!
ありがとうございました。
<< 京子の思い出 エメット・ゴーウィン >>