林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
1992年の「林哲夫作品..
by H at 20:45
有り難うございます。25..
by sumus2013 at 19:13
早速のコメントありがとう..
by H at 09:42
そうなんですか、感慨無量..
by sumus2013 at 08:54
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


著者は誰?

f0307792_05472155.jpg

梅雨? などと書いたところ、その日以後ずっと快晴が続くパリ。最高気温25度前後と快適である。昨年、悪天に悩まされたのが噓のよう。


土曜日。ジョルジュ・ブラッサンス公園の古本市へ。二度目。出店している業者はほぼ同じだが、いくつかの店は入れ替わっており、それらを中心にゆっくり見てまわる。なかに5ユーロ均一の平台があった。じっと見ているとこの小さな本が「買ってちょうだい」と呼びかけるような気がして手に取った。

f0307792_05502237.jpg


表紙はマーブル紙。背のところ、どうやら羊皮紙の手紙か何かを流用したようで、ちょっとシャレた造本になっている。

f0307792_05485540.jpg


ただし扉頁が失われているようだ。こういういった本によくあるように著者の肖像画もあったかもしれないが、それもない。扉がないので著者名が分からない。おそらくそのために均一台に放り込まれたのであろう。紙質や印刷の具合は十八世紀かとも思える風合いを呈している。

f0307792_05531114.jpg


f0307792_05514490.jpg


けっこう高飛車な序文(ヴォルテールの名前などが見える)の後に章題があり、「L'HOMME DES CHAMPS OU LES GEORGIQUES FRANCOISE」と書いてあるので帰宅してから検索してみた。

そうするとジャック・ドリル(Jacques Delille 1738-1813)という詩人、翻訳者の著作らしいことが判明した。この本がどういう版かは分からないにしても初版は一八〇〇年に刊行されたものである。ドリルはラテン文学の翻訳者としても知られ、当時としてはフランス随一の詩人だという名声を得ていたらしい。本書のタイトルもウェルギリウスから取られている。今日ではほとんど読まれることはないようだが、もしちゃんとタイトルページもあればそれなりに貴重な版本だと思われる。こういう買物があるのがブラサンス公園の捨てがたい魅力である。

このとき別の店にスケッチブックが並べてあった。何気なく手に取った。すると店主らしい男性が近づいて来て「ジャポネ?」と言う。そのスケッチブックが日本人のものではないか、というのである。そう言われてゆっくりめくってみると、なるほど日本人らしい自画像(?)や裸婦のデッサンが何枚か、フランス人らしい男性や女性の似顔絵などもあった。ただし作者が誰かということについては手がかりがまったくなかったのと、デッサンそのものは素人よりもやや上手かなというくらいのものだったので値段までは尋ねなかった。むろんパリに滞在していた日本人の絵描きなど無数にいたわけだからどうということもないが、名前だけでも分かれば面白い買物だったかもしれない……などと今頃思っている。



[PR]
by sumus2013 | 2014-06-24 06:31 | 古書日録 | Comments(0)
<< 古書店へ続く階段 古本カート >>