林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
有り難うございます。在、..
by sumus2013 at 20:18
ご無沙汰しております。い..
by epokhe at 16:28
こちらこそ有り難うござい..
by sumus2013 at 15:05
林哲夫さま 掲載ありがと..
by 遠藤勁 at 14:23
> 岡崎武志さん ほん..
by sumus2013 at 20:17
あれえ、和室は気づきませ..
by 岡崎武志 at 14:50
なるほど。さすが。思いも..
by sumus2013 at 08:06
それは是非! 変った人だ..
by sumus2013 at 19:51
きだみのるについて、宮崎..
by k,imamura at 16:21
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


クリュニーからデプレ

f0307792_23563382.jpg


f0307792_23581386.jpg


f0307792_00000668.jpg

クリュニー中世美術館の外壁。ここの目玉である「貴婦人と一角獣」が昨年日本で展示されて話題を呼んだ。本日はこの周辺の古本屋を巡る。以前しらみつぶしに回っているということで、今回はネットであらかじめ見つけておいた本を買いに行く、二軒だけ。

最初の店、「この本が欲しいのですが?」と尋ねると、しばらくあちらこちらを探して(すぐには出て来ない)やっと見つけ出してくれる。そしてネットに出ていない同じ著者の本も勧められる。一軒目では重い本だったので断った。ところが二軒目のおばさんはすごかった。店にある同一作者の関連書をつぎつぎ出してくれたのだ。著書だけでなく序文を書いている本だとか、共著だとか。細かくよく商品を把握している。何冊かは断ったが、他の店で買うことになっているタイトルを「これはね、よそでは100ユーロくらいしてるわよ」と言って差し出してくれた。たしかにそうである。サンシュルピス古本市でも90ユーロのを見かけた。恐る恐る値段を見ると18と書いてある。「この値段でいいんですね」と念押しをして調べておいた本と二冊買うことにしたらさらに15に負けてくれた。う〜む、こんな店パリでは他に知らない。リピーターになりそう。ということで名前は伏せておく(笑)。

ルンルンとその店を出た。ふと向かいのモダンな古書店の飾り窓を見るとクロード・ペリュ(Claude Pélieu, 1934-2002)の小特集があって目が釘付けになる。ペリュはアドリアン・モニエの「本の友の家」で働いていたことがある詩人。シルヴィア・ビーチの親戚のメアリー・ビーチと結婚して一九六三年にサンフランシスコに渡りニューヨークやハワイに住んだ。メアリーはペリュの『Automatic Pilot』を英訳し出版(City Lights Books, 1964)、またペリュとともにバロウズ、ボブ・カウフマン、ギンズバーグなどをフランス語に翻訳している。ペリュは著書も多いが、晩年はコラージュ作品も多数制作した(プレヴェールの影響もあるようだ)。そのペリュの著書はもちろん写真、デッサン、書簡など、こじんまりと、だが、濃い展示だった。

f0307792_00010654.jpg

こちらはジャコブ通りの自筆もの専門店。飾り窓に有名人の写真がズラリ。値段は示されていなかったが、きっとお高いのだろうと思われる。ビートルズのマジカル・ミステリー・ツアーのときの写真にブルトンの晩年の肖像(となりはフランシス・ベーコン)。

f0307792_00045843.jpg
f0307792_00054149.jpg

ラ・ユヌ書店、去年改装工事中だった建物の方はすっかりきれいになっている。ただし去年工事していなかった壁面を現在修復している。

f0307792_02433021.jpg


ピカソのアポリネール記念像。これまで何度も紹介しているが、このサンジェルマン・デプレ教会の片隅にある公園がなぜか気に入っている。

f0307792_02422814.jpg


[PR]
by sumus2013 | 2014-06-12 00:35 | 古書日録 | Comments(0)
<< 小さくて大きい刷り物 梅雨? >>