林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
御紹介ありがたうございま..
by 中嶋康博 at 22:35
毎度お世話になっておりま..
by sumus2013 at 08:06
《吉岡実書誌》、ご紹介い..
by 小林一郎 at 21:01
『北の部屋』復刻版の書影..
by sumus2013 at 20:07
詩人としては九州で刊行さ..
by 中嶋康博 at 18:13
近江兄弟社はさまざまな事..
by sumus2013 at 19:57
近江八幡へは高校訪問に行..
by 中嶋康博 at 10:11
御教示ありがとうございま..
by sumus2013 at 17:24
『ルネサンス』 ピコ・..
by 牛津 at 16:48
すごい目録ですね! あり..
by sumus2013 at 20:43
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


サンシュルピス2日目

f0307792_00054668.jpg

二日目は昨日と打って変わって気持ちのいい青空になった。気温も最高が20度、日陰ではやや肌寒いくらい。古本に没頭するにはもってこいである。

f0307792_00031219.jpg


f0307792_00140797.jpg

f0307792_00124247.jpg


f0307792_00150929.jpg

バゲットをかじりながらワインを。顧客にもふるまっている。ここの主人はだいぶ出来上がっていた。ワインどころか昼食も用意してピクニックよろしく近隣の古書店主たちがテーブルを囲んでいる。午後二時前後、あちらでもこちらでも堂々と古本に囲まれて食事をしていた。

f0307792_00163709.jpg


f0307792_00191953.jpg

f0307792_00204026.jpg

f0307792_00214777.jpg


f0307792_00230282.jpg

f0307792_00241351.jpg

f0307792_00245265.jpg

こちらが本日のミス(ミセス)古本市でございます。

写真ばかり撮って古本を見る暇がなかったかと? 今日は平台が開いていたので安いところばかりを漁っていた。ただ、本としては「買いたい!」というものは高過ぎて、これぞというものはなかった。地方から来ている業者がやはりパリの業者より数段安い。1ユーロのパリ絵葉書が一箱……たぶん二千枚ほどか……決まりきった絵柄がほとんどだったけれども、通信欄の文字がきれいなものや、名所以外の写真をじっくり選ぶ。1ユーロということで次々に手を伸ばす客が多い、アメリカ人の女性二人がけっこう食いついてきたが、こちらはマイペースで全てチェックしてしまう(三十分ほどかかりました)。







[PR]
by sumus2013 | 2014-06-06 00:46 | 古書日録 | Comments(2)
Commented by 牛津 at 2014-06-06 05:57 x
これは時間が経つのも忘れそうです。よほどしっかりと自分の中で買う基準を決めてないと、帰路の荷物は大変なことになってしまいますね。
こちらは海文堂の催しが折り返し点です。盛況ですよ。
Commented by madame100g at 2014-06-06 15:36
おっしゃる通りです。あれもこれも欲しくなりますが……。薄くて、安くて、おおっと思うようなものがあれば(虫が良すぎます)と。サロメは冷やかしに尋ねてみましょう。
<< サンシュルピス3日目 サロン・ド・ラ・ビブリオフィリ... >>