林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
こちらこそ有り難うござい..
by sumus2013 at 15:05
林哲夫さま 掲載ありがと..
by 遠藤勁 at 14:23
> 岡崎武志さん ほん..
by sumus2013 at 20:17
あれえ、和室は気づきませ..
by 岡崎武志 at 14:50
なるほど。さすが。思いも..
by sumus2013 at 08:06
それは是非! 変った人だ..
by sumus2013 at 19:51
きだみのるについて、宮崎..
by k,imamura at 16:21
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
 終わり頃に伺えるチャン..
by arz2bee at 23:42
女子美人脈、歴史が長いだ..
by sumus2013 at 17:28
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


洒落指南所

f0307792_19261646.jpg


『洒落指南所(しやれしなんじよ)』(編輯兼発行者=加藤福太郎、発兌=三井新治郎、一八九二年三月二一日出版)。江戸のダジャレ本『わらひ竹』につづいて明治二十五年発行の駄洒落本を紹介しよう。日清戦争(明治二十七年)の少し前、まだまだ江戸時代の常識がまかり通っていた時代、表紙も江戸の意匠を踏まえているようで、どこかのんびりした風情である。

口絵は「宗信画」とあるが、さてどなたでしょうか? いろいろな職業階層の人々が洒落指南で笑いころげている図と見た。

f0307792_19561267.jpg


《洒落指南所序
昔あくび指南所有りて田鼠化す鶉の酢豆腐連を能く感服せしめしとか今や二ツ山形の星移りて洋装(ようしやう)の花魁(おゐらん)が落ちを取る時世にハ誰か叭(あくび)の稽古をや為すべきこのごろ瓢(ひさご)の尻と倶(とも)に風羅(ぷら)〜[くり返し]歩行(あるき)の途次(とちう)ふ斗洒落指南所の看板を見受たり余り滑稽(をかしさ)の事ゆへ如何なるものやと繙(のぞ)き見れバ其意気なこと……うがちなこと……滑稽(こつけい)ーー洒落ーー腹ゑぐり……等実に野暮退治をほん的そんじよ的そこら的等の楷梯にてまことや丹後殿の前を学びし六方扮装(ろくぽういでたち)の通客(すゐしや)伽羅沈香(きやらぢんこう)耳には篳篥(しちりき)宇陀法師と賞賛するも過言(かげん)にハあらざるべしナカ[ママ]と大叭(おほあくび)の後即墨候然(そくほくこふぜん)として云ふ

 洒落といふものハおそろし一ト言に
       人の腹をバゑぐりとるとや》

序文を解読するにも当時の一般常識が必要だ。「あくび指南」は落語、「田鼠化す鶉」は七十二候のひとつで晩春、あるいはやはり落語の鶉杢(「牛ほめ」)にかけているか。「酢豆腐」は腐った豆腐を珍味と言わせる落語から。「二ツ山形の星」は芸妓の家紋? 「丹後殿の前」は『好色一代男』に出ている。湯女風呂がその屋敷の前にあった。「六方」は歌舞伎のろっぽう。「宇陀法師」は宇多帝遺愛の和琴の銘。「即墨候」は『三国志』に登場する……とこれはにわか仕込みだが、当時の人はスラスラ分ったのだろう(かな?)。


f0307792_20283238.jpg


f0307792_20284201.jpg


洒落も江戸振りが主だが、明治ならではの世相も混ぜ込まれている。「いろは短歌の地口」は犬も歩けば…を《色もあるけど法に欠る》だとか、論より証拠を《ドンヨリ正午》だとか実にくだらん(ドンは正午の大砲)。なかに「念には念を入れ」のところがこうなっている。

  パンには餡を入れ

木村屋があんパンを考案したのは明治七年のこと。また「当世地口行灯」ではこういうのもある。

  新聞罰が五十円  人間五十年

  洋犬(かめ)に鰻ハ華族でござる  金に怨みは数々ござる

そのものズバリ「開化進歩びつくり仰天」はこうである。

  蒸汽車の走るを見て  百足山のむかでがびつくり仰天

  電信柱の糸金(いと)を見て  軒端の蜘(くも)がびつくり仰天

  一塊(ひとつ)二銭の麺包(ぱん)を見て
             与一兵衛の擔(にぎ)り飯がびつくり仰天

  上野公園の噴水を見て 沖の鯨がびつくりぎやうてん

  写真の画(ゑ)ぞうを見て  八重垣姫がびつくり仰てん

与一兵衛」は忠臣蔵、金包みと握り飯を間違えられる。八重垣姫は人形浄瑠璃『本朝廿四孝』のヒロイン、上杉の娘で武田勝頼との縁組みが決まるが、見合い写真があったらびっくりしたろうという洒落。まさに江戸と明治がお見合いしているような気分。

将棋に関するシャレを発見。「娼妓(せうぎ)の指法(さしはふ)」。こういうのは江戸時代にもあったのだろうか。なんとなく孫引きのような気もするが。

f0307792_20534280.jpg
f0307792_20534531.jpg



他にもさまざまに趣向を凝らした洒落の列挙にはつい「ご苦労様」と言いたくなるくらい。加藤福太郎さんがどなたか存じませんが(新聞記者?)、かなりの人物と見た。


f0307792_20534712.jpg


それにしても日清・日露を経て日本は大きく変わったことをこの一冊から実感する。あくび指南ほどじゃないにしても、こんなのんきな洒落指南をやってられる時代じゃなくなった。決して嘆いているわけではないのだが。

  




[PR]
by sumus2013 | 2014-05-19 20:01 | 古書日録 | Comments(0)
<< 宮本常一離島論集完結 小さな箱のような古本屋 >>