林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
「本は宝だ」とある古本屋..
by sumus2013 at 19:31
売れない本はゴミとして処..
by epokhe at 16:01
次作の京都編がいよいよ楽..
by sumus2013 at 11:34
拙著、ご紹介いただき有難..
by manrayist at 09:19
全く幼稚な感想でお恥ずか..
by sumus2013 at 08:06
『新訳ステファヌ・マラル..
by monsieurk at 22:06
それは惜しいことを。貴重..
by sumus2013 at 08:07
先日、宮崎翁にお会いした..
by kinji今村 at 22:15
よかったです!
by sumus2013 at 07:58
小生も一度お伺いしようと..
by sumus2013 at 08:00
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


抜辨天

f0307792_19133829.jpg


間村俊一句集『抜辨天(角川学藝出版、二〇一四年二月二八日、著者自装、寫眞=港千尋)。『鶴の鬱』(角川書店、二〇〇七年)から七年も経ったとは思いも寄らなかったが、そのくらい時間は疾走しているということか。

本文用紙は今回もリ・シマメ。この斤量で百七十頁なら一体どのくらいするのか…などと考えてはいけないが、さすが太っ腹だ。カバー(ヴァンヌーボV)、表紙(わらがみGA)、帯(オーロラコート)、見返し(ファーストヴィンテージ)、遊び紙(やはらがみ)と用紙の取り合わせの妙はいつもながら感服する他無い。

基本はシュルレアリスム。俳句の作柄もまさに視覚的であって文字によるコラージュだと言っていいように思う。だから、少しも難解ではない。見たままでありながらも、これまで誰も見たことの無いような、まさに解剖台の上でのミシンと雨傘の偶然の出会いのようにcomme la rencontre fortuite sur une table de dissection d'une machine à coudre et d'un parapluie!)新鮮だ。


f0307792_19303826.jpg



f0307792_19305682.jpg


f0307792_19305313.jpg



シュルレアリスム宣言ぞろり心太

くちなはとくちなはむすぶ遊びせむ

龍泉を離れぬ女冬の雨

四疊半たゝみの下の父枯るゝ

釣舟につりびと見えぬ露伴の忌

秋時雨遺稿詩集に正誤表

秋刀魚焼く町に一軒貸本屋

白玉やほんまのことは言はんとこ

青物問屋桝源主ジ若冲晝寝

猫笑ふ日もあり裏のさるすべり

無削除版惡の花あり冬ざるゝ

小女の舌よく動く煮蛤

夕霞火星年代記にほこり

少年畫報付録組立て式おぼろ

風鈴の音を栞に文庫閉づ

ホルヘ・ルイス・ボルヘス『砂の本』
その本のゆくへなら初蝶に聞け

脚注のごとし春雨降る樣は

書物にもノドあり氷水が好き

くさめして菊坂下の人となる



f0307792_19305853.jpg

栞もまた例のごとく見事。福島泰樹氏がこう書いておられる。

《「白玉や」に反するようで気が咎めるのだが、一言だけ「ほんまのこと」を言っておこう。本集『抜辨天』一巻は、愛猫「タマ」悼にことよせた愛妻山口朋恵への相聞句集であったのだ。》

ごちそうさまでした。



[PR]
by sumus2013 | 2014-05-16 20:14 | おすすめ本棚 | Comments(0)
<< 介川緑堂ふたたび 脈80号 特集 作家・川崎彰彦 >>