林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
かれこれひと月前になりま..
by 小林一郎 at 00:09
古本として流出してくれて..
by sumus2013 at 07:54
先日の、林さんの「神保町..
by 唐澤平吉 at 22:12
そうなんですか! それで..
by sumus2013 at 19:47
遺族からの寄贈本1万冊余..
by 唐澤平吉 at 09:00
個人的に思うのですが、第..
by sumus2013 at 16:32
「わずか数ポイント差の得..
by 牛津 at 15:55
ご来場有り難うございまし..
by sumus2013 at 21:55
久し振りにお会いできて嬉..
by 淀野隆 at 21:24
この聞き取りを残せてよか..
by sumus2013 at 08:10
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


みやこめっせからユニテ

f0307792_21031348.jpg


f0307792_21030566.jpg


みやこめっせへ。到着したときには開場して三十分以上も経っていたので、当たり前ながら入場に並ぶことはなかった。それぐらいゆっくりでも何の問題もない。キトラ文庫さんと立ち話。まだまだ隠居するには早いのですよ。ガリ版坂本氏と山内金三郎の日記が出版されることについてしばし情報交換。

そうしていると、未清算の本を預かって欲しいというお客さんが話しかけてくる(坂本氏はスタッフなので)。シリーズもののひとくくりを手にしている。十キログラムくらいはありそうだ。
「いったん清算されれば、預かってもらえますけど、そうじゃないと……」
と坂本氏が答えたものの、見ると、レジには長蛇の列。
「これ持って他の本は見られないでしょ」
としごくもっともな訴え。となりにいた萩書房さんが「お店の人に頼んだらどうです」とその男性を当のお店のブースへ誘導した(その後どうなったかは知りません)。ここはとにかく以前から初日のレジが問題。十二時が近くなると清算に三十分くらいかかることもある。対策としては、早めに清算しておくか、昼時を避けるか、どちらかが得策。

開場を一巡、と言いたいところだが、六割くらい見たところでギブアップ。じつは、一生に一度の、というのは少し大げさかも知れないが、滅多にない買物をした。これが日本にあることすら、奇跡的と思えるようなものだ。むろんきわめて安価だった(そのうちアップするかもしれませんが、しばらくはニヤニヤしてひとりで楽しみたいと思います)。

その後、ユニテの古本市へ移動。結婚したばかりのN君がいたのでフェリシタシオン。つぎつぎ見知った顔が。ヨゾラ舎さんも。三分間古本屋という屋号にしようかと本気で思ったという話で爆笑。三分間で本が全部見られるていどの店ですという意味だそうで、カウンターでカップメンを売っていて、お湯を注いで三分間待つ間に棚を全部見てしまえる(笑)。

びわこのなまず先生と生駒散人さんも見える。なまず先生、相変わらず毎日「ブ」で本を買っておられるそうだ。年間二千冊に達するという。近々、長浜で一箱古本市が開かれるそうで、目下、本気で出品しようと考えておられるとか。別に本を売りたいわけではないけれどマンガだけでもなんとかしたい、とのこと。最近の収穫は雪村いずみの伝記だとか(長沼すみこ『雪村いずみ』太平洋文庫、一九五五年、のことかな?)。小生の親しくしていただいている古本者のなかでも内心もっとも尊敬申し上げている先生である。生駒散人さんも凄い、買った本を読んでおられる! お二人は学生時代からのお付き合いだそうで、いろいろ楽しいお話をうかがった。







[PR]
by sumus2013 | 2014-05-01 21:53 | 古書日録 | Comments(2)
Commented by 生駒散人 at 2014-05-04 13:10 x
林さま
愉しくお話しさせていただきました。ありがとうございました。買った本を読んでるとはとんでもない。買ったうちの5分の1も読んでおりません。というか1冊読んでいる間に5冊買うと言った方がいいでしょうか。
一生に一度の買い物というのが何か気になります。
Commented by sumus2013 at 2014-05-05 09:07
こちらこそ愉しいお話ありがとうございました。詳しくはまたお会いしたおりにでも。
<< 山本牧彦 ぽかん4号出来! >>