林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
お嬢さんも独立されたです..
by sumus2013 at 19:41
かつては家族で前泊して、..
by 牛津 at 18:11
そうですか、同期でしたか..
by sumus2013 at 20:05
なんだか縁でつながってま..
by 大島なえ at 19:31
渋沢敬三は渋沢栄一という..
by sumus2013 at 19:02
昔は四十歳の人がこうい..
by arz2bee at 17:37
まさにおっしゃる通りと思..
by sumus2013 at 19:39
斜め読みのつもりが、グイ..
by sumus2013 at 17:16
不遇なりに、すべきことを..
by 中嶋康博 at 17:13
林さん、いつもありがとう..
by おかざきたけし at 09:22
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


イールのヴィーナス

f0307792_20544688.jpg

澁澤龍彦『都心ノ病院ニテ幻覚ヲ見タルコト』(学研M文庫、二〇〇四年九月七日二刷)。装幀がいまひとつピンとこなかったので、自作のコラージュでカバーを作って被せてみた。雑文集。例えば、時々のアンケートに答えた澁澤の愛読する小説の類いがいくつかリストアップされている。そのなかの二種を引用してみる(説明文は省略)。

フランスを知るためのブックガイド・文学

1 ヴォルテール 『カンディード』
2 フロベール  『ブヴァールとペキュシェ』
3 メリメ    『イールのヴィーナス』
4 アポリネール 『虐殺された詩人』
5 澁澤龍彦編訳 『仏蘭西短篇翻譯集成』


澁澤龍彦が選ぶ私の好きな10編

1 サド     『悪徳の栄え』
2 メリメ    『イールのヴィーナス』
3 フローベール 『聖アントワヌの誘惑』
4 リラダン   『未来のイヴ』
5 シュオッブ  『架空の伝記』
6 ロラン    『仮面物語』
7 ジャリ    『超男性』
8 ルーセル   『ロクス・ソルス』
9 アポリネール 『月の王』
10 マンディアルグ 『大理石』


フランスを知るためのブックガイド・文学」は「知るため」かどうかはさておいて、これは絶妙な選択だろう(単純に5以外は全部読んだことがあるというだけですが)。このふたつのリストを知って、澁澤龍彦の晩年の小説を読むと、どこかしら澁澤の目指していた小説の形について納得させられるものがあるように思える。

そして、ふたつのリストで重なっている唯一の作品、メリメ『イールのヴィーナス』、小生、この作品はこんな本で読んだのだ。

f0307792_21165155.jpg

f0307792_21165578.jpg

f0307792_21162812.jpg


杉捷夫訳、細川叢書、一九四七年八月一〇日。先のリストに澁澤はこういう説明文を付している。

《恐怖小説のお手本のような見事な構成のもので、導入部の悠々たる考古学談義は、後段の怪異をひときわ効果的ならしめている。ペダントリーとは、こうでなければならいとつくづく思わせられるような作品(河出書房新社版全集)だ。きみも怪異譚の玄人をめざすのだったら、こういう小説を味わうことを学ばねばならぬ。》

そこまでほめるか? とは思うが、たしかにメリメらしい横溝正史風の身も蓋もない田舎の雰囲気は強く出ていて印象に残る作品だ。アンケート以外にも澁澤はしばしばメリメに言及しており「『エトルリアの壺』その他」ではこう述べている。

杉捷夫氏は、まるでメリメを訳すために生まれてきたようなひとで、つとに三島由紀夫が『文章読本』のなかで賞讃している通り、このひとのメリメは絶品である。『トレドの真珠』なんかは散文詩みたいなもので、切りつめられるだけ切りつめてある。『マテオ・ファルコーネ』も、簡潔と正確のお手本みたいな文章で叙してある。

《悠々とペダントリーを楽しみながら徐々に怪異の方向へ読者を引っぱってゆく。読まされるほうとしても、これこそ最高の知的愉楽だと思うのだが、どうだろうか。文学の骨頂は怪談だという説があるが、この『イールのヴィーナス』のように、技法の点でも文体の点でも間然とするところのない作品を読まされると、なるほどという気がしてくる。怪談にくらべれば、エロティシズムなんて、しごく安直なものであろう。

いやいや、そうとうな入れこみようである。次に掲げるのは、その後すぐに読んだ澁澤の作品集『犬狼都市』(福武文庫、一九八六年七月一五日)、先日読みたいとブログに書いた直後に某氏より恵投いただいたもの(深謝です)。

f0307792_21405594.jpg


表題作「犬狼都市」と「陽物神譚」「マドンナの真珠」の中編三作が収められている。犬狼都市」はマンディアルグ、「陽物神譚」が彫像を扱っているという点だけで「イールのヴィーナス」をほんの少し連想させるが、それよりも「サテユリコン」のような造形に近いか、頽廃の感じはまったくないのだが。どちらもあまりに観念的すぎてさすがに少々疲れる。

三番目、タイトルがメリメと似ている「マドンナの真珠」、これが作品としてはいちばんまとまっているように思った。怪談と言えば、怪談であるし、どこか間抜けなユーモレスクなところもあって、現代漫画「ONE PIECE」のなんでもやりたい放題のイメージと似通っている。やっぱり澁澤の好みはメリメよりも誰よりもマンガに親近しているようである。


[PR]
by sumus2013 | 2014-04-30 21:41 | 古書日録 | Comments(0)
<< ぽかん4号出来! INTERNATIONAL J... >>