林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
1992年の「林哲夫作品..
by H at 20:45
有り難うございます。25..
by sumus2013 at 19:13
早速のコメントありがとう..
by H at 09:42
そうなんですか、感慨無量..
by sumus2013 at 08:54
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「光の時代」展カタログ

f0307792_19181452.jpg


「石原輝雄・純子コレクション 光の時代 レイヨグラフを中心としたマン・レイと三條廣道辺り」のカタログを頂戴した。石原氏ならではの行き届いたできばえ。グローバルなネットワークを持つマン・レイ・コレクターにとっては英語版も欠かせない。会場でも販売されるが、入手は下記からも可能。

『光の時代』展 準備-9 カタログ完成

《この度の展覧会では、レイヨグラフを狂言回しに仕立て、戦前京都の詩人たちが織りなしたモダニズムの潮流が、巴里へと続いた文化の道であったことなど、謎解きの成果を示したいと思う。冒頭の中西武夫が京都帝国大学文学部に通っていたのと、俵青茅が京都詩話会を組織していたのは、どちらも一九三〇年頃なのである。京都・岡崎勧業館では一九三三年にマン・レイの油彩二点も招来した『巴里新興美術展覧会』が開かれており、これは『夜虹』の刊行年次とも一致する訳で、偶然と云うより精神の共鳴といった現象と理解されるべきであろう。しかも、俵が京都詩話会の事務所を置いた三條廣道東入ルは、この度の会場であるギャラリー16から歩いて五分の距離、画廊の前の道を俵が歩いていたと想像するのは、くらくらと目眩する幸せである。

その頃の京都における文学的な出来事としては、昭和七年に富士正晴、野間宏、桑原静雄の『三人』や井上多喜三郎の『月曜』が、昭和八年には『京大俳句』(京大俳句発行所)や『カスタニエン』(京大独逸文学研究会)もそれぞれ創刊されている。詩集では天野忠『石と豹の傍にて』(白鮑魚社)、天野隆一『紫外線』(青樹社)が昭和七年、俵青茅『夜虹』(青樹社)が昭和八年発行である。

『京大俳句』は先日も言及したように昭和十五年二月から八月にかけて同人の多くが検挙され(平畑静塔、石橋辰之助、渡辺白泉、西東三鬼ら含む)、自然と発行停止になる。戦争の拡大とともに、まず昭和十二年の取り締まり、そして十五年から十六年にかけての一斉弾圧によってリベラルな雑誌は同人雑誌と言えども一切許されなくなったようだ。

光の時代」展は戦前京都のモダニズム最後の輝きとも言えるまさに光の時代において中西武夫、俵青茅、天野隆一らがどのような活動をしていたのか、マン・レイ眼鏡を通しつつ、詩集や雑誌などの貴重な関連資料によって、それを実感できるまたとない機会である。もちろんマン・レイのオリジナル作品も眼福になるだろう。期待は高まる。春の古書即売会のお帰りにぜひどうぞ。地下鉄東山駅からすぐ(みやこめっせから十分とかかりません)。


f0307792_20253037.jpg

石原輝雄『三條廣道辺り』より、『麺麭』第二号(一九三二年七月)掲載写真。左から二人目天野隆一、四人目俵青茅。そして次は天野隆一編『京都詩人年表』から昭和八年の「青樹の会」。後列左より、水町百窓、加来武臣、俵青茅、藤井芳、笠野半爾、南江治郎[二郎]、飯田実記男、前列左より、荒木文雄、天野隆一、弥永亥一郎、喜多歓一

f0307792_20252549.jpg


部分写真、上右が俵青茅、下が天野隆一。

f0307792_20253298.jpg




[PR]
by sumus2013 | 2014-04-26 20:39 | おすすめ本棚 | Comments(0)
<< 新園雨足更幽恬 ヤスオ国吉氏洋画展覧会 >>