林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
近江兄弟社はさまざまな事..
by sumus2013 at 19:57
近江八幡へは高校訪問に行..
by 中嶋康博 at 10:11
御教示ありがとうございま..
by sumus2013 at 17:24
『ルネサンス』 ピコ・..
by 牛津 at 16:48
すごい目録ですね! あり..
by sumus2013 at 20:43
https://www...
by 牛津 at 19:57
呼んでいただければ、どこ..
by sumus2013 at 08:09
こうなったら全国ツアーで..
by みつづみ at 06:47
「杉山平ーと花森安治」展..
by sumus2013 at 08:17
御刊行おめでたうございま..
by 中嶋康博 at 22:26
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


太田垣蓮月尼展

f0307792_20070021.jpg
野村美術館で二十日まで開催されている「大田垣蓮月尼展」を見た。

大田垣 蓮月尼展
幽居の和歌と作品
http://www.nomura-museum.or.jp/publics/index/16/

京都に長らく住む二人のアメリカ人のコレクションだそうだ。掛け物もよかったが、とくに焼き物が良かった。これだけの数を見たのは初めて。蓮月は長生だったのと著名だったことから作品数が多く、生前から贋物が横行したという。しかしさすがにここに並んでいるのはどれも筋のいいものばかりだった。素人の手捻りには違いないのだが、かなりの多作だったようで、そこに自ずから素人なりの修練と、そして何より、努力しても得られないであろう、蓮月その人の気品が表れている。これほど佳いとは正直思わなかった。この展覧会を教えてくれたTさんに深謝。

この展覧会のちらしをもらおうと思ったら置いてなかったので(HPに掲載)、杉本秀太郎『大田垣蓮月』(中公文庫、一九八八年)のカバーを掲げておく。画は富岡鉄斎が描くところの蓮月である。讃は谷鐵臣。《予常訪老尼於西賀茂邨老尼眼光炯々射人而応接恭倹如村婆子可謂女中美傑》目つきは鋭いがやさしい村のおばあさんという感じだったそうだ。丁酉とあるから明治三十年だろう。谷七十五、鉄斎六十一。鉄斎は十五歳ごろから蓮月の侍童として同居していた時期もあり、尼の歿年(明治八)まで親しくしていたから、面影がよく写されていると思われる。

この本、かなり前に求めてずっと棚に差したままだった。これをきっかけに読んでみよう。なんとなく同業仏文・中村真一郎の頼山陽を意識していたのではないかと、今ちょっとページをめくってみて思ったりした。



[PR]
by sumus2013 | 2014-04-18 20:55 | もよおしいろいろ | Comments(0)
<< 谷根千ちいさなお店散歩 書誌学辞典 >>