林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
うちのPCも古くなってき..
by sumus2013 at 13:22
「うまやはし日記」持って..
by 大島なえ at 12:36
15周年おめでとうござい..
by sumus2013 at 08:06
吉岡実の俳句、しみじみと..
by 小林一郎 at 22:58
百人百冊、千人千冊のお宝..
by sumus2013 at 07:49
夕方、店じまい寸前に参戦..
by 牛津 at 23:51
そうでしたか! クラシッ..
by sumus2013 at 08:12
有り難うございます。在、..
by sumus2013 at 20:18
ご無沙汰しております。い..
by epokhe at 16:28
こちらこそ有り難うござい..
by sumus2013 at 15:05
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


書物のエロティックス

f0307792_19384943.jpg


谷川渥『書物のエロティックス』(右文書院、二〇一四年四月二〇日)。二〇一二年に阿佐ヶ谷のアートスペース・煌翔で「谷川渥が選ぶ百冊と萩原朔美が作る三冊」という展覧会が開かれた。そのときに小冊子が作られた。

《本書は、七十ページほどの小冊子のかたちで刊行されたこの『書物のエロティックス』を核に大幅に加筆し、さらにエッセイや書評や対談などを付加して立体的に構成し直したものである。》(おわりに)

書物のエロティックス ニュース@スペース煌翔

谷川渥のよき読者ではなかったが(よきも何も断片的にしか読んでいないが)、一読してその美的な判断に対して共感するところが少なくないことを納得した。言及された書物は美術(あるいはもっと広く「表象」)関連書のみならず多岐にわたる。美術・文学を核とした戦後思想史の見取り図がきわめてスマートな形で展開されており、しかも多数の書影が付されており、それらのほとんどは小生にとっては古本屋の小僧くらいに背文字学問程度に聞きかじったていのものであるが、その論じるところは濃く薄くさまざまに変型された媒体を通して吸収してきた、いわば文化的な空気のようなもののなかに拡散しているために吸収せざるを得なかった、すなわち一種の美的な倫理観を共有していたということがはっきり分る内容だった。


f0307792_19535010.jpg

その内容について詳述する気力はないけれども、ひとつだけ、例えば、先日再読したいと書いたばかりの澁澤龍彦やそのきっかけとなった種村季弘、彼らに対して本書では重要な柱として多くの紙幅が割かれている。なかでは種村季弘・矢川澄子訳『迷宮としての世界』(グスタフ・ルネ・ホッケ、美術出版社、一九六六年)は、

《この本がどんな衝撃をもって迎えられたかは、いくら強調してもし過ぎることはあるまい。》

などと何度も言及されている。『迷宮としての世界』はさすがの小生もかつて架蔵していた。読了はしなかった、というかできなかった。とは言え、このじつに雑多な内容の書物は戦後思想のあるひとつの方向をはっきり示していると思う。それはオルソドクスでなくヘテロドクス、中心の喪失ということではないか。そしてその喪失した中心には善くも悪くも理屈ではなくこんな感情が巣食っていた。

《谷川 それは、僕も種村さんと前にちょっとお話ししたことがあるけれども、戦中から戦後にかけての、今まで鬼畜米英だとか、アメリカ軍が上陸してきたら竹槍で最後までやるんだとかいっていた連中が、突然、進歩主義者の顔をして批判なんかをし始めた。あのあたりのことを種村さんは心の中にいつまでも持っていて、いかにいいかげんな連中で、言葉というものがそういうふうに突然回転してしまうというかな……。
諏訪 転向というか転回ですね。
谷川 何かの本のあとがきにそのことを書いているんだけれども、やっぱり種村さんの問題意識には、戦争体験ということがすごくあったと思うんですよ。
諏訪 そうなんですよね。焼け跡ですね。》(「アサッテの人」執筆前後)

先には澁澤龍彦の病院での様子を種村が描いているのを紹介したが、ここには谷川が種村の病院を訪ねたときの発言が出ている。

《谷川 [略]そして病院の名前を聞いて種村さんのお見舞いに行ったことがあるんですよ。軽い脳梗塞だということだったんだけれども、病室に入るとき、どういう状態でおられるのかなと思ってちょっとドキドキして戸をあけたらね、寝巻きを着たままベッドの上に座って、原稿の山に赤入れているの。
諏訪 うわあ。
谷川 それで、僕は思わず「先生、大丈夫ですか」と叫んだわけ。そうしたら、「大丈夫だよ」とかいってね、まだ口がもつれているんですよ。[略]口をもつれさせながら、ものすごい量のゲラの手入れをされている。そのゲラがヴィルヘルム・イエンゼンの『グラディーヴァ』なんですよ。フロイトの論文も一緒に翻訳していたものだから……。
諏訪 W・イエンゼンとフロイトの『グラディーヴァ/妄想と夢』ですね。

文筆家は死ぬまで筆が離せないようである。もうひとつ、谷川のユイスマンス『さかしま』についてのコメントはなるほどと思った。

《デ・ゼッサントが行きついたのは、ペプトンの滋養灌腸だった。つまり、肛門から栄養を摂取しようというのである。
 ここにおいて、われわれは『さかしま』という書名の本当の意味を知るにいたる。それは、小説の主人公が意識的に背を向けた十九世紀末フランスの大衆社会への反逆の姿勢を意味するだけではない。「さかしま」は口からではなく肛門から栄養を摂取しようという文字通り即物的な意味を担わされていたのである。》(終りをめぐる断章)

原文で灌腸(lavement)を探してみるとたしかに最後の方に出ていた。ペプトン入りを一日三回。

《et un pâle sourie remua les lèvres quand le domestique apporta un lavement nourrissant à la peptone et le prévint qu'il répéterait cet exercice trois fois dans les vingt-quatre heures.

さらにこの何日か後に召使いは変った色と匂いの灌腸液を用意した。ペプトンとは違うようだ。医師の処方箋にはこうあった。

  肝油       Huile de foie de morue
  牛肉スープ    Thé de boeuf 
  ブルゴオニュ酒  Vin de Bourgogne
  卵黄       Jaune d'oeuf 

これはレストランと同じだな……と主人公はつぶやく。カンチョーで食事をとる(星新一の「宇宙のあいさつ」みたい?)、だから原題は「A Rebour「さかしまに」と「に à」が付いているわけだ(ほんとかな)。

例によって細かいところばかり引用したが、どこをめくっても知的好奇心をかきたてられる、まさに『書物のエロティックス』だった。ごちそうさま。






[PR]
by sumus2013 | 2014-04-13 20:48 | おすすめ本棚 | Comments(0)
<< 欧和対訳図書館辞典 飯田衞という人 >>