林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
御紹介ありがたうございま..
by 中嶋康博 at 22:35
毎度お世話になっておりま..
by sumus2013 at 08:06
《吉岡実書誌》、ご紹介い..
by 小林一郎 at 21:01
『北の部屋』復刻版の書影..
by sumus2013 at 20:07
詩人としては九州で刊行さ..
by 中嶋康博 at 18:13
近江兄弟社はさまざまな事..
by sumus2013 at 19:57
近江八幡へは高校訪問に行..
by 中嶋康博 at 10:11
御教示ありがとうございま..
by sumus2013 at 17:24
『ルネサンス』 ピコ・..
by 牛津 at 16:48
すごい目録ですね! あり..
by sumus2013 at 20:43
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


飯田衞という人

ちょうど三年前に「飯田衞をさがせ」という記事をブログに書いた。

飯田衞をさがせ

この記事を飯田氏のご親戚の方がご覧になって、さらにご子息の御一人がご連絡をくださった。

父は、青年時代小学校の教師をする傍ら、洋画をたくさん画いていたそうです。私が生まれた昭和20年代は、絵画の活動はしておらず、毎年版画の年賀状を作っては、出していたことは、記憶しています。紹介にある酉年の絵葉書は、確かに父の作品です。絵も私が実家にいた若い頃に客間に飾っていた絵にタッチが似ています。洋画の作品は、かなりたくさん残っているようですが、小生は、洋画に興味がなく、今は、実家を離れ、東京に居を構えていますので、どのように保存されているかもまったく不明です。

三年前には紹介しなかった飯田衞の作品葉書が四種類あるので、まずそれを掲げておく。いずれも春陽会に出品されたもの。モノクロなのが残念だが、力強いタッチ、ボリュームの表現は余技の域を越えるもの(だから春陽会に入選しているわけだ)。実物が現存しているようならぜひ見つけ出していただきたいと思う。


春陽会第十一回展覧会出品 布留の渓流 一九三三年
f0307792_20363095.jpg
f0307792_20363760.jpg



春陽会第十二回展覧会出品 布留の里 一九三四年
f0307792_20460933.jpg
f0307792_20475689.jpg


春陽会第十三回展覧会出品 冬の布留川べり 一九三五年
f0307792_20465654.jpg


春陽会第十六回展覧会出品 磯辺 一九三八年
f0307792_20473619.jpg

以上である。三枚目と四枚目の切手面は一枚目と同じデザイン。そしてご子息よりお教えいただいた略歴と職歴は以下の通り。

明治35年(1902年)4月(生)~昭和61年(1986年)12月(没)84歳
学歴:旧奈良県畝傍中学(現畝傍高校)卒 
職歴:独学で小学校教師の資格を採り、奈良県下で小学校の教師、校長歴任定年後は、天理市の教育長を務めた後、しばらくカラー印刷製本会社で美術の仕事に従事したが、昭和35年頃完全引退 その後は、大和の石碑の拓本採りや郷土の歴史を勉強していたようです。

晩年は天理市史の編纂にも加わっておられたとのこと。だから前のブログで名前を挙げたような書物に執筆しておられたわけだ。

昭和十年当時の春陽会は以下のような会員・会友がいた。これも飯田衞宛の葉書の一部である。

f0307792_21043888.jpg

このなかで例えば田中善之助は京都出身。浅井忠の聖護院洋画研究所に学び、黒猫会、仮面会などに所属し、飯田氏も出品していた新興美術協会を昭和七年に創立している。画風はまったく違うように思えるが、田中と関係があったことは想像できるだろう。

作品それ自体が飯田衞の価値を語って余りあると思う。本格的に調査し再評価する地元の研究者を待望したい。




[PR]
by sumus2013 | 2014-04-12 20:59 | 古書日録 | Comments(2)
Commented by arz2bee at 2014-04-14 17:08 x
想像する楽しみはあるのですが、モノクロとは非常に残念。
Commented by sumus2013 at 2014-04-14 20:19
モノクロではいい感じなんですが、さて、カラー図版か実物を目にする機会はあるでしょうか……。
<< 書物のエロティックス 貘展 >>