林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
《吉岡実書誌》、ご紹介い..
by 小林一郎 at 21:01
『北の部屋』復刻版の書影..
by sumus2013 at 20:07
詩人としては九州で刊行さ..
by 中嶋康博 at 18:13
近江兄弟社はさまざまな事..
by sumus2013 at 19:57
近江八幡へは高校訪問に行..
by 中嶋康博 at 10:11
御教示ありがとうございま..
by sumus2013 at 17:24
『ルネサンス』 ピコ・..
by 牛津 at 16:48
すごい目録ですね! あり..
by sumus2013 at 20:43
https://www...
by 牛津 at 19:57
呼んでいただければ、どこ..
by sumus2013 at 08:09
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


破草鞋

f0307792_20113079.jpg


百拙元養の漢詩紀行文『破草鞋』写本を入手した。双白銅というわけにはいかなかったが、本ブログの読者諸兄に対してわざわざ断るまでもなく、そうたいして値の張るものでもなかった。

百拙についてはウィキの記述が簡明【百拙 元養(ひゃくせつ げんよう、寛文8年10月15日(1668年11月19日)– 寛延2年9月6日(1749年10月16日)。京都生まれで臨済宗から黄檗宗に転派。近衛家の帰依を受けてその菩提寺海雲山法蔵寺を復興し初代住持。七十二歳で黄檗山首座。法蔵寺に示寂、八十二。詩文や書画を得意とした。

『破草鞋』は『碧巖録』にある言葉、ここでは紀行文の意味であろう。実際に豊岡、姫路、兵庫を旅した記録と漢詩からなる。

f0307792_21123138.jpg


f0307792_21123732.jpg

序文の末尾に《住但州興国禅寺百拙山僧書於聴松南軒白雲深處》とある。享保三年九月から翌年までこの寺の住持となっているからその時期にまとめられたということだろう。詩はかなりの腕前とみた。本文の一丁だけ掲げる。元椿は別号のひとつ。

f0307792_21183945.jpg

f0307792_21223700.jpg

旧蔵者が書写したと思われる百拙の略歴一枚が挟まれていた。

f0307792_21244469.jpg

俗姓を「辻」としているが、ウィキでは「原田」。そしてまた旧蔵者のメモが巻末に書き込まれている。

f0307792_21272129.jpg

 時維(ときこれ)昭和乙卯孟夏
  於東都神田日本堂購入
   価金百円
            甲然誌


昭和乙卯(きのとう)は一九七五年。日本堂としてあるのはおそらく日本書房の誤り。百円だったか! 負けた(その頃、コーヒーはだいたい二百五十円だったから、当時としても安い買物だったろう)。



[PR]
by sumus2013 | 2014-04-10 21:24 | 古書日録 | Comments(0)
<< 貘展 奥一男宛葉書 >>