林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
確か『資本論』でも一悶着..
by sumus2013 at 15:36
真意はよく分かりませんが..
by sumus2013 at 15:28
春陽堂文庫などから被害を..
by 牛津 at 08:37
過激な座談会ですね。それ..
by 牛津 at 08:09
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Banno Shoten

f0307792_19521519.jpg

昨日のパリ・メトロ地図の裏面にはさまざまな興味深い情報が掲載されている。美術館、モニュメント、寺院、森と公園、劇場とカフェ・コンセール、舞踏場、コンサート、ホテル、レストランとカフェ、ダンス場、商店、裁判所、公共機関、各種組合、飛行学校と飛行場、サーキット場、パリ近郊案内。

そして貴重なのが日本関連の連絡先。以下の通り。

f0307792_20382612.jpg


日本大使館 
講和会議日本代表団
日本大使
大使館付陸軍武官
大使館付海軍武官

伴野商店 Boul. des Italiens, 15
仏日銀行
日本倶楽部
名誉領事(シュヴァリエ氏)
堀越商会 Rue des Petites-Ecuries, 65
三菱
諏訪ホテル Boulevard de Clichy
ベルタン氏(パリ仏日協会会長)
ル・プリウール氏
マルティニ氏(仏日銀行理事)


日本大使館の住所は現在の7 AVENUE HOCHEとは違っている(日本大使の住所と同じだ)。どちらも凱旋門にほど近い。また日本大使館内にあった講和会議日本代表団だが、la conférence de la paix」というのは第一次大戦後の講和条約のことだから、この地図は一九一九年頃のものということになる(!)。とすれば「一九一五〜一六年完成予定の線」という記載はどうなるのだ?

もうひとつ気になったのは伴野商店。Shoten とあるから書店かと思った。しかし書店ではなく商店だった。伴野文三郎商店(現在は伴野貿易)はフランスのパテ社のパテ・ベビー映写機を大正十三年に初輸入し同機向けのフィルム(9.5mm)を販売していたことで知られるようだ。おそらくその販売促進のためだろうが、同商店は「鼠の留守番」「證城寺の狸囃子」などの一分余りの短篇アニメーションを自主制作している(ともに昭和六年、監督は大石郁雄)。戦前9.5mm映画については下記論考参照されたし。


伴野文三郎は講和会議でも大阪毎日新聞社特派員を手伝ったり、戦後には衆議院議員選挙にも立候補しているようだ。著書には以下のようなものがある(古書価はそれ相応に付いている)。

伴野文三郎(1883-1973)
『ヒットラー 外交の秘鑰』(教文館、一九三九年)
『パリ夜話』(教材社、一九五七年)
『仏国インフレ時代』(森山書店、一九五八年)
『花のパリの50年』(教材社、一九五九年)

さらにもうひとつ、堀越商会は何だろうか、と思って検索した。堀越は三重県出身の実業家のようである。

堀越善重郎(1863-1937)
31歳のとき「株式会社 堀越商会」設立。明治32年にはパリに支店を出す。



[PR]
by sumus2013 | 2014-04-04 20:09 | 古書日録 | Comments(0)
<< 高津宮観桜会 大正初期のパリ・メトロ地図 >>