林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
確か『資本論』でも一悶着..
by sumus2013 at 15:36
真意はよく分かりませんが..
by sumus2013 at 15:28
春陽堂文庫などから被害を..
by 牛津 at 08:37
過激な座談会ですね。それ..
by 牛津 at 08:09
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


大正初期のパリ・メトロ地図

f0307792_20384129.jpg

以前も紹介した大正初期頃のパリ地図『NOUVEAU PLAN DU MÉTROPOLITAIN NORD-SUD DE PARIS』。第一次大戦勃発の頃かその直前ということになる。

マン・レイがパリにやってきたのは、戦争が終結した後の一九二一年、三十一歳のとき。以後およそ二十年間、ナチスが侵攻してくるまでパリで暮らすことになる。以後アメリカへ戻って活動していたが、一九五一年、再びパリの地を踏み、そして七六年にパリのアトリエで歿している。

f0307792_20383491.jpg


パリ到着以来、住所は転々とするものの、おおむねセーヌ川の左岸、モンパルナス界隈に住んでいた。緑点の一番上がフェルー通り、戦後にアトリエとしていた場所。

フェルー通りのランボオ

フェルー通り

二番目の緑点は縁の深いカンパーニュ・プルミエール通り。

下の緑点がモンパルナス墓地、マン・レイ墓のあたり。

石原氏は『三條廣道辺り』のなかでカンパーニュ・プルミエール街についてこう書いておられる。

《エコール・ド・パリの喧噪が渦巻くモンパルナス大通りとラスパイユ大通りが交わる華やかな四辻から離れた、三〇〇メートル程の短い通りは、いかがわしさを残した下町で、画家や旅行者や流れ者が多く住んだ。詩人ランボーはしばらく一四番地に滞在したと云うし、巴里の記録写真家ウジェーヌ・アジェが住んだのは一七番乙。乳白色の画家藤田嗣治のアトリエは二三番地、客死した佐伯祐三の絶筆はその並び側二七番地にある扉を描いた油彩。》

《多くの日本人がこの通りを行き交いマン・レイのアトリエを訪問した。確証は無いが第一章で取り上げた中西武夫(一九三二年九月)もその一人だったし、興味深い訪問記を残している人には雑誌『フォトタイムス』の主幹木村専一(一九三一年一一月)や雑誌『廣告界』の編集長室田庫造(一九三五年七月)、それに詩人竹中郁がいる。》

今、歩くと、なんということもない通りなのだが、この文章を読むと様々なドラマが演じられて来たに違いない街だということが分る……。

[PR]
by sumus2013 | 2014-04-03 20:56 | 古書日録 | Comments(0)
<< Banno Shoten 哄笑十八番 >>