林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
確か『資本論』でも一悶着..
by sumus2013 at 15:36
真意はよく分かりませんが..
by sumus2013 at 15:28
春陽堂文庫などから被害を..
by 牛津 at 08:37
過激な座談会ですね。それ..
by 牛津 at 08:09
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


哄笑十八番

f0307792_20535665.jpg

熊本謙二郎訳註『哄笑十八番』(有朋堂書店、一九〇七年一〇月二八日四版)を手頃な値段で入手した。これはちょっと嬉しい収穫。熊本謙二郎(1867-1938)は多数の英語教科書を執筆した有名な英語教師、英語学者だったようだ。

本書は笑い話で英語を覚えようというもので、民話や笑話、コミカルな詩など十八篇が紹介されている。目次の一部を紹介しておく。

f0307792_20535438.jpg


作家としてはマーク・トゥエインとジェローム・K・ジェロームくらいしか知らないが、Max O'Rell はフランス人レオン・ポール・ブルーエ( Léon Paul Blouet)のペンネームで『ジョンブルとその島』というイギリスでの体験談を綴った本がベストセラーとなったそうだ。ジェーン・テイラー(Jane Taylor)はイギリスの詩人、「Twinkle, Twinkle, Little Star」で知られる。E. W. コール(Edward William Cole)はオーストラリアの書店主だそうだ。W. Sapte jun. は検索してもよく分らなかった。次の頁に出ているマックエリゴット(James Napoleon McElligott)はアメリカの教育者、トーマス・アルドリッチ(Tomas Bailey Aldrich)はアメリカの詩人のようである。

他に無名氏(Anonymous)が四篇。"St.Nicholas"(St.Nicholas Folk Tales、聖ニコラウスばなし)二篇と"The Blackwood"(ヴィクトリア朝の物語雑誌)そして"Kind Words"がそれぞれ一篇。"Kind Words"は風俗をうたった滑稽詩だが、検索語としては広すぎてどういうものだか分らなかった。

翻訳がなかなか名調子なので一例を引いておく。
「懺悔 The Confession」("The Blackwood"より)

f0307792_21411853.jpg
f0307792_21411679.jpg
f0307792_21411342.jpg
f0307792_21411194.jpg

キュウリの食べ過ぎで胸が苦しかったとさ、チャン、チャン。たわいもないお話でした。Janet を順子と「J」で揃えたあたりに翻訳者の苦心がうかがえる。

f0307792_20533778.jpg



[PR]
by sumus2013 | 2014-04-02 21:22 | 古書日録 | Comments(0)
<< 大正初期のパリ・メトロ地図 三條廣道邊り >>