林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
うちのPCも古くなってき..
by sumus2013 at 13:22
「うまやはし日記」持って..
by 大島なえ at 12:36
15周年おめでとうござい..
by sumus2013 at 08:06
吉岡実の俳句、しみじみと..
by 小林一郎 at 22:58
百人百冊、千人千冊のお宝..
by sumus2013 at 07:49
夕方、店じまい寸前に参戦..
by 牛津 at 23:51
そうでしたか! クラシッ..
by sumus2013 at 08:12
有り難うございます。在、..
by sumus2013 at 20:18
ご無沙汰しております。い..
by epokhe at 16:28
こちらこそ有り難うござい..
by sumus2013 at 15:05
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


101歳の阿部展也

f0307792_20581956.jpg


新潟滞在中、新潟市美術館で「101歳の阿部展也」という回顧展を見た。阿部展也(1913-71)は新潟出身の前衛画家。小生が学生の頃は幾何的な図形を派手な色の組み合わせで描いた作品をしばしば目にしたが、この会場を一回りすると、さまざまな様式を渡り歩いた(?)ことがよく分った。

なかでも戦後間もない頃に担当した火野葦平の連載小説「ただいま零匹」の挿絵には驚かされた。ベタな写実描写で、しかも達者だし、まったく手を抜いていない。本気で取り組んでいることが伝わってくる力作だった。

それぞれの時代のそれぞれの作風に見所があったが、いちばん感心したのは上の「作品」(1950)と名付けられた作品。シュルレアリスムといちおう分類しておいていいのかもしれないけれども、なんとも形容し難い不可思議な世界を展開している。


f0307792_20581748.jpg


会場の入口には瀧口修造の最初の詩集、そして阿部芳文(展也)が挿絵を描いた『妖精の距離』(春鳥会、一九三七年)が展示されていた。なんと各頁を解体(!)し、それぞれ額装して飾り付けている。原画は戦災で失われたと聞いたが、さて、これはどんなものか……。そこまでして額装展示する意味があるかどうか。詩画集は詩画集としての形が大事なのではないだろうか。今時なのだから、本文を撮影してモニターで見せるという手もあるし。


f0307792_20581581.jpg


『瀧口修造とその周辺』(国立国際美術館、一九九八年)図録に掲載されている『妖精の距離』。瀧口はこう書いている。

《私の内部には、永いあひだ、卵のやうに絶えず温められてゐた妙な思想があつた。さう、それは全く思想といふより、ほかに言ひやうのない、だが卵のよ[ママ]うなものであつた。ただ貝殻の中に小石が形づくられてしまつたやうに、いま一冊の詩画集『妖精の距離』が、阿部芳文君とのあひだに作られたことはたのしい。》(『みづゑ』一九三七年一一月号)

阿部と瀧口の関係については下記論考が詳しい。

戦前の阿部展也(芳文)の活動 瀧口修造との関係を中心に
http://banbi.pref.niigata.lg.jp/wp-content/uploads/SKMBT_C36013111914410.pdf

ただ、どうしたわけか瀧口の自筆年譜では『妖精の距離』については一言も触れられていない。


[PR]
by sumus2013 | 2014-03-30 21:27 | もよおしいろいろ | Comments(0)
<< 神戸の戦前古書目録 古本海ねこ古書目録コンパクトカラー版 >>