林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
「本は宝だ」とある古本屋..
by sumus2013 at 19:31
売れない本はゴミとして処..
by epokhe at 16:01
次作の京都編がいよいよ楽..
by sumus2013 at 11:34
拙著、ご紹介いただき有難..
by manrayist at 09:19
全く幼稚な感想でお恥ずか..
by sumus2013 at 08:06
『新訳ステファヌ・マラル..
by monsieurk at 22:06
それは惜しいことを。貴重..
by sumus2013 at 08:07
先日、宮崎翁にお会いした..
by kinji今村 at 22:15
よかったです!
by sumus2013 at 07:58
小生も一度お伺いしようと..
by sumus2013 at 08:00
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


事物はじまりの物語/旅行鞄のなか

f0307792_16435762.jpg


吉村昭『事物はじまりの物語/旅行鞄のなか』(ちくま文庫、二〇一四年二月一〇日、カバーデザイン=多田進、カバー挿画=高須賀優)。

このなかの一篇「国旗」を読むと、「日の丸」は寛文十三年(1673)に幕府が御城米を輸送する船に朱の丸の船印を立てるように命じ、それが幕末におよんだと書いてある。そして幕末の嘉永七年(1854)幕府が西洋型帆船「鳳凰丸」を薩摩藩が「昇平丸」を完成させた。それにともない西洋船と区別するために島津斉彬が日の丸の船印を立てるように老中首座阿部正弘に建言、それが容れられ、日本船には日章旗が立てられることとなったそうだ。

《その後、日の丸は船印にとどまらず、明治政府はこれを国旗とすることに定め、明治三年(一八七〇)正月二十七日、それを布達した。旗の大きさは横と縦の比率を十対七とし、中央に旗の縦の五分の三とする日の丸を、中央に描くものとした。》

『明治世相編年辞典』(東京堂出版、一九六五年)の明治三年1月27日を見ると、こう書いてある。

《旧幕府が、"日本惣船印"として定めた(嘉永7年7月9日)"白地の日の丸"を踏襲したもので、規則の上では、「商船規則」の一部に「御国旗」として定められたものであり、大きさの異なる大・中・小の三種を用いることとした。また3年から6年にかけて、陸・海軍の国旗も別に定められていたが、22年までにいずれも廃止され、この商船国旗だけが今日におよんでいる。》

要するに、平成十一年(1999)八月十三日に「国旗及び国家に関する法律」が公布・施行されるまで、日の丸は基本的には船印だったということだ。面白いのは現行規定では日章の直径は縦の五分の三と同じながら、旗の縦横比は縦が横の三分の二とされていること。吉村によれば明治政府は十対七としたわけだからタテヨコの比率は「1:1.42857」、そして現行は「1:1.5」である。

「1:1.42857」という比率は√2(ルート2)矩形(1:1.1414)にかなり近い。√2矩形というのは次のようなものである。


f0307792_17262650.jpg




《第2図は、ポルト・ダルモニー(Potrte d'Harmonie 調和の門)と呼ばれるルート2(√2)矩形で、ハンビッジやモーゼルがギリシャの基本矩形のひとつにかぞえている矩形である。
 この矩形は正方形の一辺を短辺とし、その対角線の長さを以て長辺とする矩形で、安定感のある、たっぷりしたゆたかな形がよろこばれ、古来、美術のみならず実用の世界でも広く愛用されてきた。実用上ではこの矩形のもつ特質として二つ折りにしても四つ折りにしても比が変らないので便利なところから、日本でも洋紙の規格には現在でもこの比例が採用されている。》(柳亮『黄金分割』美術出版社、一九七二年版)

『出版事典』(出版ニュース社、一九七一年)で紙加工仕上寸法(JIS規格)を見ると全紙はどちらもたしかに√2矩形を示す数字であった。

A列 841×1189 1:1.1413
B列 1030×1456 1:1.1413

全紙だから折り畳んでいっても比率は変らない。書籍の寸法は明治時代の国旗の寸法と同じ比率だったのだ。






[PR]
by sumus2013 | 2014-03-21 17:22 | おすすめ本棚 | Comments(0)
<< 伊藤宗看図式第八番 雲遊天下 116 >>