林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
ご来場有り難うございまし..
by sumus2013 at 21:55
久し振りにお会いできて嬉..
by 淀野隆 at 21:24
この聞き取りを残せてよか..
by sumus2013 at 08:10
いやあ、驚きました。肥後..
by 岡崎武志 at 22:53
無料ではなく、せめて五十..
by sumus2013 at 21:51
そうそう、思い出しました..
by 牛津 at 21:26
まったくその通りですね。..
by sumus2013 at 09:04
このような本が無料という..
by 牛津 at 21:13
「叱咤」の音源が残ってい..
by sumus2013 at 20:31
花森安治の生涯にわたる「..
by 唐澤平吉 at 16:03
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


魯山人おじさん

f0307792_19321508.jpg


以前、野田可堂の水墨画を手に入れたことを書いた。
http://sumus.exblog.jp/18772902/

そこにコメント下さった方が『芸術新潮』一九七九年十一月号に可堂の妹・八幡真佐子さんが「魯山人おじさん」という随筆を寄せておられるとお教えくださった。『芸術新潮』は郷里にかなり揃っているので(全部ではないが)、先日調べてみたら、この号は架蔵していた。上の写真はその随筆に付された図版の一枚《若き日の魯山人》(大正十年のようだ)。

八幡女史の記述はほとんど魯山人の想い出である。それはそれでなかなか興味深い。女史にとって魯山人は《私に無言の情操教育をしてくださったやさしいとてもいいおじさんでした》ということだ。

《大正九年頃、中村竹四郎さんと魯山人が、美術品と美食倶楽部を始めた大雅堂は、京橋南鞘町(現京橋二丁目)にありました。それは関東の大震災の際にこわれ、神田方面からの火勢で焼失しました。赤坂山王に星ヶ岡茶寮をひらいたのはそのためでした。》

大雅堂は大正八年開業のようだ。はじめは二階に魯山人と中村が住んでいた。大家である可堂の父・野田峰吉は宮城県出身で一貫堂という薬屋を経営していたそうだ。その長男が利衛こと可童(可堂)である。

《亡父の持ち家を貸していたのです。魯山人とは古くからの付き合いで、その関係で私の亡兄(雅号は野田可童、のちに可堂)は明治三十八年、三歳の時から町内の岡本可亭さんに、書を習いにいっていました。魯山人は、印を造ってくれたり、日本画をすすめて山岡米華さんにつかせたそうです。

中村竹四郎は美術印刷で知られる便利堂の兄弟の一人で「大参社」を経営していた(後には便利堂の代表者となる)。岡本可亭は書家で、漫画家・岡本一平の父親(要するに岡本太郎のおじいさん)。下の写真は以前にも掲げたけれども、小生所蔵の墨画に捺された可堂の印章二顆。魯山人が造ってくれたのかどうか、それは分らないが……。上は可能性ありか? 下は自刻かとも思える。


f0307792_20471564.jpg



《神童と世間で騒がれた兄は、天皇の前で書を書き、魯山人と父は、京都方面に連れていって、書の会をひらいたりして、二人は興行師のようだったと、兄は死ぬ数年前にいっていました。そして「僕は、魯山人より桜一さん(魯山人の長男)の作陶の方が好きだ。でもこの紅葉の徳利はいいよ」と、酒好きの兄は、ことのほかその徳利を大事にしていました。長じて兄は洋画に転向し、魯山人とは疎遠になりました。》

八幡女史によれば昭和十七年に魯山人と中村竹四郎は仲違いして裁判沙汰にまでなってしまう(中村が魯山人を解雇したのは昭和十一年)。野田峰吉は心を痛めた。

《中村さん側に立った父は、怪我がもとで二度と起てなくなりましたが、それを知った魯山人は、鎌倉から、時折米、漬物(自作の器に入れて)、野菜(その盛り合わせの美しいこと)等を、俥夫や武山一太さんにわざわざ届けさせて見舞って下さいました。》

武山一太は少年の頃より魯山人の料理を手伝っていた料理人。

《父の葬式には魯山人も、中村さんも肩をならべて参列して下さいました。》

可堂の水墨画、言うまでもなく今もマクリのままだが、これはいよいよ表装しないといけないようだ。



[PR]
by sumus2013 | 2014-03-18 20:40 | 古書日録 | Comments(0)
<< 浪の雪 河田誠一 大西巨人さん死去 >>