林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
「本は宝だ」とある古本屋..
by sumus2013 at 19:31
売れない本はゴミとして処..
by epokhe at 16:01
次作の京都編がいよいよ楽..
by sumus2013 at 11:34
拙著、ご紹介いただき有難..
by manrayist at 09:19
全く幼稚な感想でお恥ずか..
by sumus2013 at 08:06
『新訳ステファヌ・マラル..
by monsieurk at 22:06
それは惜しいことを。貴重..
by sumus2013 at 08:07
先日、宮崎翁にお会いした..
by kinji今村 at 22:15
よかったです!
by sumus2013 at 07:58
小生も一度お伺いしようと..
by sumus2013 at 08:00
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


夢の花 河野保雄追悼

f0307792_19472252.jpg


河野保雄氏の追悼集『夢の花』(百点美術館出版部、二〇一四年三月二日)を頂戴した。河野氏についてはこれまでもその著作や展覧会を紹介してきたので、その経歴についてあらためて述べる必要はないと思うが、近代洋画のコレクターとして傑出した人物であった。現在も福島県立美術館でコレクション展が開催されている。

河野保雄の小宇宙

本書では、巻頭に作曲家の湯浅譲二氏との対談、その後に知友の追悼文が集められている。追悼文で自分のことばかり書いているといって誰かが誰かのことを非難していたが、追悼文や追悼スピーチは誰だって自分のことしか語れないものだろう。その「自分」の語りが集まれば、そこには自ずから追悼される人の姿が浮かび上がってくる。それでいいのだ。

回想のなかで印象的だったのは河野氏の判断の素早さである。たとえば早川博明氏(福島県立美術館長)はこういう証言をしている。御両人は、ある画家のうずたかく積み上った素描を展覧会のために選別したことがあった。

《河野さんは即座に出品作品の仕分けを始めたのである。それはつまり、初めて見た絵の価値を、その場で瞬時に判別するということだ。学芸員の私には、それは思いも寄らない唐突な行動に思えた。大量の作品をひと通り見た上で、制作年代や絵の主題、技法別に整理してから、次に個々の作品の表現性を見ながら最後は総合的に選別する、それが通常の手順であろう。こう考えていた自分には、河野さんの手際の早さはあまりにも衝撃的であった。一枚の絵を取り上げて白黒の判断をする間が、ほぼ一秒ないし二秒という直感的な作業、それを横で見る私にもはや口をはさむ余地などなかった。》

あるいは、堀宜雄氏(美術館学芸員)の証言。

《「ぼくは、出会い頭の真剣勝負を、命をかけてやっているんだよ。堀クン、わかるかな?」
 うろ覚えだが、彼がコレクションについて語ったことは、こんな意味だったと思う。展覧会でも、作品でも、彼が見終わるのはとても早い。そう、河野さんは、そうした一瞬一瞬の真剣勝負でずっとやってきた人だ。》

どちらも学芸員氏の回想というところに意味があるかもしれないが、まあそれは本質的なことではない。美は一瞬のものだ、いや生きるということこそ一瞬だ、その瞬間、瞬間を河野氏は逃すまいとしてきたのかもしれない。瞬間の判断の積み重ね、それが河野コレクションなのである。


f0307792_19472064.jpg


小生も『美のおもちゃ箱 Part II』では、河野コレクションの中の一点、岸田劉生の漫画風のデッサンについて書かせてもらった。ご指名いただいて光栄だったのだが、実は、河野氏からのご指定で最初は柳瀬正夢の風景画について何か書いてもらいたいと、資料などが送られて来た。その絵は、柳瀬が晩年に近い頃、各地でスケッチした風景画の一点のように思われた。いわゆる「ねじ釘の画家」の典型的な作品ではないものの、河野さんのようなスキマ・コレクターがいかにも好きそうな、シブイ油絵だった。

むろん小生も初見である。柳瀬については少しは図録なども揃えてあったので、早速どういう位置づけなのか、それらを引っ張り出して比較検討を始めた。ところが、である。どうもサインがいけない。絵の方は巧みなのだが、サインに類例が見当たらない。そう思って疑いだすと、絵の方も弱いように見えてくるから人間不思議なものだ。

河野氏にそう言う意味の連絡をすると、即座に柳瀬を撤回され、岸田劉生でお願いしますと代案が示された。この劉生も珍品中の珍品であったが、それは資料的にも間違いのないものであった。

直感が狂ったと言いたいわけではない。もしその風景画に柳瀬正夢らしきサイン(たしか M.Yanase だったか)が入っていなかったとすれば、それはそれでなかなかいい絵なのだ。無名作家の作品では、美術史的な価値はなくなってしまうかもしれないけれども、物自体として云々できるだけの価値がその絵にはたしかにあった。

学芸員諸氏が慎重なのはそのためである(といっても某国立美術館には数々の展示できない作品が収蔵されていると関係者から洩れ聞いた覚えもあるが)。また某美術商は「どんなに良さそうに見えても、まず最初は偽物だと思ってかかります」と言っていた。それくらいの用心深さがないとやっていけない世界なのである。

しかし、コレクターはそうでなくてもいい。いや、そんな石橋を叩いて渡るようなことではコレクターとは呼べないだろう。コレクターは集めたいのである。集めるためには偽物も本物にしてしまう。それでこそコレクターだ。火傷こそベンキョーである。火傷を恐れては火の中から美は掴み出せない。

ただし、美を掴んだからどうなんだ? と問われれば、それは沈黙するしかないのも事実。岡部幹彦氏(文化庁文化財調査官)の想い出にこういうくだりがある。土田麦僊の人間性について二人で語り合い、大いに盛り上がっていた。

《会話が弾んでいたその時、側らの羽る見さんが静かに言った。「あなた方はどうして絵の中の人間にそれほど美しく共感できて、絵の外の人間に冷淡なの」と。》

対して河野氏は

《「はい、申し訳ありません。ご指摘の通りです」と少し戯けたように口をつぐんだのだった。》

やはり美は「おもちゃ」である。それでいいのだ。ご冥福を祈ります。



[PR]
by sumus2013 | 2014-03-09 21:05 | おすすめ本棚 | Comments(0)
<< アートフェア東京2014 各地米況調査報告 >>