林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
当時は何も知りませんでし..
by sumus2013 at 17:39
そうでしたか、森原さんと..
by 岩田和彦 at 08:52
今後の刊行も大いに期待し..
by sumus2013 at 20:46
林様 ご紹介いただき、有..
by manrayist at 19:58
imamuraさま、何か..
by sumus2013 at 12:10
charaさま、なんと、..
by sumus2013 at 12:02
そのようなつながりがお有..
by k.imamura at 23:12
直違橋を〈すじかいばし〉..
by chara050505 at 18:05
そうなんですよ! ビック..
by sumus2013 at 17:39
うわー、これがあのカッパ..
by 岩田和彦 at 11:29
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


各地米況調査報告

f0307792_20303243.jpg


『各地米況調査報告』(橋本奇策編纂、日報社、一九〇二年四月一五日)。日報社は兵庫米肥商組合および神戸米株取引所の機関新聞。神戸市長沢町一丁目七十五番邸にあった。橋本奇策は大阪毎日新聞記者、後に野村証券調査部へ入って活躍したようだ。

橋本喜作の投機礼讃~ハマイト名物記者ほえる
http://yuyu-life.net/f-jaunal/2013/1211-s.htm

本名喜作、十王と号した。おおよその著作は下記の通り。どうやらクリスチャンだったか(?)。野村實三郎は野村徳七の弟。スペイン風邪のため三十九歳で歿した。

実験応用写真術 フウゲル/橋本奇策抄訳 博文館 1895
藍水遺稿 浅野源二郎/橋本奇策編 長尾柳吉 1896
化学工業品製法全書 橋本奇策 梅原亀七等 1896
合成金製造法 橋本奇策 博文館 1897
各地米況調査報告 橋本奇策編纂 日報社 1902
輸出綿織物 橋本奇策 橋本奇策 1903
実験応用工芸大鑑 橋本奇策 矢嶋誠進堂書店 1904
清国の棉業 橋本奇策 武井良雄 1905
化學工業品製造法 橋本奇策 成光舘 1917
紐育株式取引所 橋本喜作 ダイヤモンド社 1918
楓之家主人偲ふ草(野村實三郎追悼集) 橋本喜作 大阪国文社 1919
満洲を振出志に 橋本喜作編輯 橋本喜作 1925 
よしあし艸 煙波釣叟十王 [出版者不明][1931序]

奇策の序文にいわく

《生は社長の承認を得て米肥調査特派員として本年二月一日社を出立し、第一着手に兵庫市場を調査し、それより播州に出て三備を経て安芸に亘り、周防、長門に移り九州に入り出来能ふ丈けの調査を終へて同月末帰社せり、

生は爾来若しも社が生に許すあれば毎年出張調査する考なれば自壊には尚ほ短日月にして、より多くの土産を持ち帰ることを得べし、読者願はくは今回の調査は初舞台の三番叟と見做し将来に希望を属されんことを祈る、

社長はむろん大阪毎日新聞社の社長を指すと思われる。ひと月の調査旅行とは、さすがの大毎でも英断が必要だったか。本文も含め「。」のいっさい無い表記が特徴的である。もちろん、この本を手にとったのは米況や奇策に興味があったわけではなく、その前付け、後付けに(まるで雑誌のように)挿入されている各種商店の広告に目を奪われたからである。


f0307792_20575785.jpg
f0307792_21030324.jpg

羽根の生えた鯉がトレードマークの平野鉱泉水は三ツ矢サイダーのライバルか?


f0307792_20580033.jpg


f0307792_20580615.jpg


f0307792_20581156.jpg


f0307792_20581468.jpg

伊藤長蔵という名前が出ていたのでハッとしたが、これは「ぐろりあそさえて」の伊藤長蔵ではないようだ。

[PR]
by sumus2013 | 2014-03-08 21:16 | 関西の出版社 | Comments(0)
<< 夢の花 河野保雄追悼 ヨゾラ舎 開店! >>