林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
1992年の「林哲夫作品..
by H at 20:45
有り難うございます。25..
by sumus2013 at 19:13
早速のコメントありがとう..
by H at 09:42
そうなんですか、感慨無量..
by sumus2013 at 08:54
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


田端抄 其陸

f0307792_20192517.jpg

碌山美術館
http://www.rokuzan.jp


矢部登さんの『田端抄』其陸(書肆なたや、二〇一四年三月)読了。今号はたくさんの芸術家が登場してにぎやかだ。気になる人も多い。

なかでは、まず、香取秀眞。

《明治七年元旦生まれ。名は秀治郎、千葉県印旛郡穂村の人。東京美術学校鋳金科に学んだ鋳金家であるとどうじに、その先人たちの業績を世に知らしむるを念願する。金工史の資料を蒐集し、興味は考古学に及ぶ。》

《香取秀眞は鋳金の大家だが、子規門の歌人としても知られた。その詩情は鋳金の作品に滲む。十代から歌に親しみ、のちに根岸鶯横町に正岡子規を訪い、根岸短歌会に出席する。子規歿後、根岸短歌会の「馬酔木」がでるにあたり、伊藤左千夫、結城素明、岡麓、平子鐸嶺、蕨眞、長塚節、安江秋水、森田義郎とともに編輯委員になる。宵曲柴田泰助と相識るのは根岸短歌会であろう。

とこのくだりを読んだところで届いた『書架』106号、うまいぐあいに香取秀眞の短冊二点が掲載されていた。

f0307792_20311550.jpg

 社頭月 ことさらに月の光もてりぬるは
     神のみいつやそはる広前

 落葉多 朝な朝なちる紅葉の庭もせに
     たまるは風のしわさなりけり


そして戸張孤雁を中心とした、中原悌二郎、石井鶴三、荻原守衛(碌山)らの彫刻家群像。明治の美術書生ならではの友情と研鑽振りが伝わってくる。

《碌山美術館には学生のころ一度だけいった。もう四十年以上もむかしのはなしだから、ぼんやりしておぼえていない。ただ、荻原守衛の《女》が甦る。
 とうじ、学生村があって、夏休みの二週間ほどを信州は大糸線の中綱湖畔の民宿ですごした。鹿島槍岳を背景に青い水をたたえた小さな湖がうかぶ。みずうみの傍を電車が走っている。天候のぐあいで午後になると、山から靄がたちこめて湖がつつまれる。静かな山里のけしきがひろがる。》

小生もまったく同じで学生時代に一度訪ねたことがある。思ったよりずっと小さな建物で、展示されていた作品もわずかだったが、深く印象に残っている。

彫刻家群像で驚いたのは讃岐人脈。新田藤太郎、池田勇八國方林三、田中耕一らが田端に住んでいたそうだ。新田藤太郎は「肉弾(爆弾)三勇士」像(現存は一部のみ)の作者として有名だが、戦後は讃岐へ戻り、地元で名声を築いた。菊池寛像糸より姫などの人物像が現在も県内各地に残っている。國方林三はまったく知らなかったが、画像で見るとなかなかの作家だと思う。

ついでに書いておくと、讃岐出身の彫刻家としては藤川勇造が著名である(本書にも名前だけ登場)。県立工芸学校(小生の大先輩なり!)から東京美術学校へ。明治四十一年に渡仏している。安井曾太郎らとともにアカデミー・ジュリアンで学んだ。また、ロダンを訪ね、作品を見てもらった縁で、二年間ほどロダンの助手として働きながら学んだという。大正四年に帰国、二科会に彫刻部を創って活躍した。昭和十年歿。

さらに澁澤龍彦が登場したのも意外だった。

《『狐のだんぶくろ』には、わたしの少年時代、と副題がつく。
 澁澤龍彦は、四歳から十七歳までの十三年間、田端のとなり町瀧野川中里に住む。この本を読みなおすと、なんて文章がうまいんだろう。
 ここはやはり、坂のことを書こう。澁澤龍彦が好きだった坂を。
 ある年の九月、澁澤龍彦は、とうじの瀧野川第七尋常小学校の同級生の集りにでたとき、田端駅からあるいてゆく。むかしあるいたなつかしいみちをたどってみたい。そんな声が聴こえてくる。

……引用していてはキリがないが、稲垣足穂も登場しているし(足穂は瀧野川南谷端の蝙蝠館に住んでいた頃、頻繁に芥川龍之介や室生犀星を訪問した)、工芸家にして詩人の矢部連兆の動向も新鮮な驚きであった。

矢部さん、いつにも増して(?)よく歩いておられる。

《酔狂にもいまのわたしの歩行範囲は、北は江北橋から南は小石川後楽園まで、西は護国寺音羽の森から東は浅草までといっておこう。》

健脚、健筆、何よりのことである。


[PR]
by sumus2013 | 2014-03-06 21:57 | うどん県あれこれ | Comments(0)
<< ヨゾラ舎 開店! 古今詰棋書総目録 >>