林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
ご来場有り難うございまし..
by sumus2013 at 21:55
久し振りにお会いできて嬉..
by 淀野隆 at 21:24
この聞き取りを残せてよか..
by sumus2013 at 08:10
いやあ、驚きました。肥後..
by 岡崎武志 at 22:53
無料ではなく、せめて五十..
by sumus2013 at 21:51
そうそう、思い出しました..
by 牛津 at 21:26
まったくその通りですね。..
by sumus2013 at 09:04
このような本が無料という..
by 牛津 at 21:13
「叱咤」の音源が残ってい..
by sumus2013 at 20:31
花森安治の生涯にわたる「..
by 唐澤平吉 at 16:03
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


古今詰棋書総目録

f0307792_20284881.jpg


『古今詰棋書総目録』(全日本詰将棋連盟、二〇〇九年三月一日二刷)が届いたので、さっそく自分の持っている詰将棋の本が載っているかどうかを調べにかかっている。

じつは先日このブログに解けない詰将棋(誤植のため)について原稿を書いたことを報告したときに引用した詰将棋の本、『誰にもわかる将棋定跡図解』(昭文館書店+興文堂書店、一九二九年一月七日)がこの総目録には掲載されていない、と詰棋書保存会の某氏よりご連絡いただいたのだ。そこで、これを差し上げる代りに総目録を頂戴したというわけである。

f0307792_20154219.jpg


すると、安着のメールにこう書かれていた。

やはり、総目録のNo.784,785と類似書名、同編者、同出版社、同発行日、恐らくNo.784と同一内容、これでこの30局を収める本は10点になりました。ひどい話で、現在では考えられない出版です。

たしかに現在では考えられない横着ぶりだが、戦前ともなると、こういうフェイクは当たり前に行われていたようだ。だから何であれ書目を作るときには可能な限り実物に目を通さなければならない。同じ本が同じでなかったり、データ上ではまったく違うように見えるものが同じ内容だったり。今回、ごくわずかでもその作業に貢献することができたことを嬉しく思う。この総目録があれば、今後、詰将棋の本に出会うのが数倍楽しくなるし、また悩ましくもなるだろう。それもまたよし。

現在『古今詰棋書総目録』の訂正・増補はネット上で行われている。

一番上の写真で総目録の下に置いてある黄色い本は『将棋精観 中巻』(松井弥七編、棋研会、一九三八年八月八日)。これもひょっとして、と思ったが、さすがちゃんと掲載されていた。この本に前田三桂「三代伊藤宗看図式難局新考序文」という、やはり詰将棋の本を求めることに情熱を燃やす人々の動向を記した一文が掲載されている。三桂は詰将棋研究家、詰将棋作家、兵庫県の人。

斎藤雅雄という高知市の素封家が晩年財産を失って将棋師となり、小野五平名人の門下で四天王と言われた。その斎藤が渡辺霞亭(新聞記者、小説家、劇評家)の招きで浪華へやってきたので三桂はただちに訪問した。

二人は将棋の話で盛り上がる。斎藤は古今の詰将棋の本では三代伊藤宗看の図式に勝る物はないと断じる。これを全て解いたら五段を允許すると宗看は宣言したそうだが、これまで二百年間、誰も解けなかった。自分も挑戦しているが解けない、おそらく図面に誤植があるのだろう。三桂は自分でもこの本を見たいと強く思った。

《氏ハ余ガ棋書蒐集ノ痼癖アルヲ覚リ余ガ為ニ丹後ノ松浦大六氏ヲ介ス松浦氏ハ峰山町ノ薬種商ナリ棋ヲ好テ二段ヲ得タリ古今ノ棋書ヲ蔵ス性温厚ニシテ城府ヲ設ケス稀覯ノ珍書モ開放シテ惜ム所ナシ余是ヲ以テ古籍珍書ヲ観ルコトヲ得タリ中ニ三代宗看ノ図式アリ是レ余ノ渇望スル所ノモノナリ松村[ママ]氏曰ク宗看図式ハ古来解ナシ余小野名人ノ解ヲ蔵ス是レ秘中ノ秘書ニシテ門ヲ出サズ請フ之ヲ恕セヨト

三桂は斎藤に紹介された丹後の薬種商・松浦大六のところで宗看図式を目にして感激した。しかしその解答はない。小野名人が解いたという書物があるが、さすがに寛大な松浦もそれを三桂に見せるわけにはいかないと言った。

そこで三桂は自分で解くことにした。実際には斎藤八段は五局、小野名人は六局、名人宗印も九局を解けないまま残していたのだ。以来二十数年、ようやくにして大部分を解くことができた。また、近年の詰将棋研究も進歩した。『将棋精観』の編者である松井雪山はよく研究して宗看図式を補って(誤植を訂正して)完全に解いたという。さて、どうでしょう、読者のみなさんも難局とされる十六局を解いてみて、みんなをアッと言わせる本当の正解を見つけて欲しい。……とまあ、そのような序文になっている。

あまりに奥深い世界である。小生もいちおうチャレンジしているが、いや、これは夜眠れなくなります。





[PR]
by sumus2013 | 2014-03-05 20:46 | 古書日録 | Comments(2)
Commented by akaru at 2014-03-07 12:42 x
面白そうですが、わたしは手合い違いのようで挑戦する気持ちは全くありませんねえ。
Commented by sumus2013 at 2014-03-07 17:08
難解そうでも何日か考えていると少しずつ筋が見えて来ます。すると面白くなりますが、といって解けるわけではなく、これはまったくの時間つぶしです。頭の体操。電車の中で考えていると乗り過ごしそうになります。
<< 田端抄 其陸 庭柯のうぐひす >>